過去にいじめを受け対人恐怖症の人になってしまいました。対人恐怖症を克服するにはどうしたらいいですか?

対人苦手リンク

a1180_014741

対人恐怖症を克服するにはどうしたらいいですか?という質問です。質問者は過去にいじめを受けて、それで対人恐怖症になってしまったようです。これに対する回答がなかなか素晴らしいと思いました。

対人恐怖症を克服するにはどうしたらいいですか?

これに対する回答

20代女性です。
私も学生時代のいじめが原因で対人恐怖症になってしまった者です。
とにかく人が怖くて、自分から人に話しかけることができません。
話しかけられてもどう返していいか分からずオドオドと挙動不審になってしまいます。
私の場合病院等で色々な療法や薬を試しましたが、結局完治には至りませんでした。
でも自分なりに色々と努力してきた結果、今では対人恐怖症は完全に克服できています。
今は人に恐怖を感じることなく、誰とでも普通に会話できるようになっています。
コミュニケーションのコツをつかんだおかげで、今では人間関係に不安を感じることは全くないです。
なので私の経験からdyutop783さんのご参考になりそうなことを幾つか書かせて頂きたいと思います。

●『ギブ&ギブ』
「誰か自分にも話しかけて」
「さっきこっちから話ふったから次は向こうの番」
「変に思われたくないから自分から話しかけるのはよそう」
「何でこっちばかり気を使わなくちゃいけないのか」
などのような“ギブ&テイク”の考えを持つことは絶対にNGです。
そんな考え方が原因で対人恐怖症を助長させ、周囲とコミュニケーションが取れなくなってしまいます。
それにそのような態度は相手に不快感を与えるため、人があまり寄ってこなくなったり、逆に邪険に扱われたり…ということになってしまいます(それで更に対人恐怖症がひどくなるという悪循環におちいる)
でも、そうならないためにはコツがあります。
それは“ギブ&ギブ”の誠心を持つことです。
対人恐怖症を直すには、変なプライドを捨てて、一方的に相手に好感を与えようとし、常にこちらから話しかけようとする“ギブ&ギブ”の精神が必須です。

●『相手を思いやり、相手に好感を与えること意識を集中する』
何も意識せずに人と接していると、
「恥ずかしい」「変に思われたくない」「邪険に扱われたくない」などのようなマイナス感情のとりこになってしまい、自然と恐怖心を誘発してしまいます。
でも、そうならないためにはコツがあります。
それは

“相手を思いやり、相手に好感を与えること”
に全神経を集中することです。

“相手を思いやり、相手に好感を与えること”
これ以外の感情は脳内から一切排除し続けることです。

例えば一流のホストはどんな偉い相手とでも臆することなくフレンドリーにコミュニケーションを取ることができますよね。
それは彼らが常に「相手を思いやり、相手に好感を与える」ことに全神経を集中しているからです(生活がかかってますから)
貴方がもし「今月中にNO.1ホストにならなければ死刑!」だと宣告されたらどうでしょうか。
とても「対人恐怖症で…」などとは言っていられないと思います。
勇気を奮い起こし、精神が研ぎ澄まされ脳がフル回転して自動的にコミュニケーション能力がUPするはずです。
要は“気の持ちよう”です!

●『相手の興味を見抜く』
対人恐怖症を治すには会話上手になることが近道です。
人は自分のことを話したい生き物ですので、相手が話したいことを引き出すように話を運ぶと、会話が上手く膨らみます。
話を引き出すコツは、“心から相手の話に興味を持つ”ことです。
相手の話す内容を“有益な情報”ととらえて、ワクワクした態度で“質問”していきます。
楽しそうに興味津津の態度で聞くことが大切です。
うわべだけで聞いていても会話は楽しくなりません。
しゃべっている相手にシンクロして、心から会話を楽しむことがポイントです。

●『人間力をつける』
やはり最終的に物を言うのは“人間力”です。
“人間力”さえあれば、感情をコントロールして、常に精神を平静に保てるようになります。
恐怖心が襲ってきても、それを跳ね返せるようになります。
もちろんそんな“人間力”をつけるのは一朝一夕にはいきませんが、しかしここに飛躍的に人間力を高める方法があります。
それは“読書”です。
人間、自分の限られた知識の中であれこれ考えてもなかなか現状は打開できません。
でも賢者の知恵を本を通して吸収すれば、自分で自分の問題を解決できる知恵を得ることができます。
本なら何でもよいというわけではなく、今の自分に必要な“人間力”のつきそうな本を選んで読むことが重要です。
少し読んだくらいでは効果は薄いですが、貪るように何冊も読んでいくうちに、少しづつメンタルが強化されていきます。
私が対人恐怖症を完治できたのは大量の読書のおかげでした。
お勧めの本を何冊か紹介しておきますので是非読まれてみてください。

・ダメな自分を救う本 石井 裕之
・15分間ハッピーラッキー 舛岡 はなえ
・大丈夫!うまくいくから 浅見帆帆子
・引き寄せの法則 マイケル・J・ロオジエ

それでは長文失礼いたしました。

対人恐怖症を克服するにはどうしたらいいですか?

この回答をまとめると、対人恐怖症を克服するためには、『ギブ&ギブ』『相手を思いやり、相手に好感を与えること意識を集中する』『相手の興味を見抜く』『人間力をつける』になります。特に興味深かったのが、『相手を思いやり、相手に好感を与えること意識を集中する』です。

対人関係が苦手な人は、しばしば自意識過剰になりがちだと思います。自分は相手からどう見られているのか、ということを過剰に気にしていまい、意識が自分のほうにばかり行ってしまうと思います。しかし、それだと自分にばかり意識して、肝心の相手に対して意識が回らなくなり、結果的にコミュニケーションがうまくいかないということにつながると思います。ですから、意識を相手に集中するという方法は、コミュニケーションをとる上でとても良いと思います。

『人間力をつける』というのは、曖昧でよくわかりにくいですが、この回答では本を読むことということになっています。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2