社会不安(障害)を克服する5つの方法

「社会不安障害」は特定の社会的な状況で生じます。たとえば人前で話をすること、人と世間話をすること、人の前で食事をすること、または公衆トイレを使用することでも不安と心配を引き起こします。

また社会不安の中心にあるのは「評価を恐れること」です。それは否定的な評価だけでなく肯定的な評価も含まれます。社会不安障害の人は、たとえうまくいった結果でも、それを否定的に受け止めてしまうのです。

たとえば仕事で能力を発揮していても、同僚より目立つことを気にしてしまいます。社会不安障害の人は単純に目立ちたくないのです。

専門家の意見で一致しているのは「シャイ」と「社会不安」は同じものの一つで、つながっているということです。両者を区別するのはどれだけ深刻かです。

社会不安障害は人生に大きな影響を及ぼします。たとえば社会不安障害の人が大学の授業で人前での発表や新しい人との交流が求められたら、大学に行くのを避けてしまうかもしれません。好きな人に断れるのを心配しすぎて告白ができず、結局未来のパートナーを逃してしまうかもしれません。

以下では専門家が提案する社会不安を克服するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

社会不安(障害)を克服する5つの方法

1.「セルプヘルプマニュアル」

社会不安障害を克服するセルプヘルプマニュアルを活用する。たとえば以下のような本があります。

2.「セラピスト」

もし社会不安があなたのしたいことや必要なことをするのを妨げている、またはセルプヘルプがうまくいかない場合は、専門家の助けを求めましょう。社会不安障害を専門とするセラピストを探しましょう。

3.「毎日深呼吸の練習をする」

特定の社会状況で不安が生じる前に、深く深呼吸をすると不安が和らぎます。この深呼吸の練習は毎日しましょう。この深呼吸のテクニックは、「習慣」によって身に付きます。そして深呼吸に集中し過ぎて他の状況を見過ごしてしまうことには注意しましょう。

4.「具体的な目標を立てる」

人は不安を感じていると、たとえうまく物事が達成できても、それを否定的に見てしまいます。そこで不安な感情を抜きにして、具体的な行動の目標を立てることが大切です。

たとえば、もし仕事で会議があったら、具体的な目標を「少なくとも3つ意見を言う」と設定します。その時には不安を感じているかどうかに意識を集中させてはいけません。それよりも目標の行動を達成できたかどうかに集中するのです。

また他の人の反応を気にしてはいけません。会議でのあなたの意見を同僚がどのように受け取ったかは問題ではありません。問題はあなたが実際に意見を言ったかどうかなのです。同じように、あなたが夕食に誘った相手が「はい/いいえ」言うことは問題ではありません。問題はあなたが実際に誘ったかどうかです。

問題は、特定の状況であなたが望んだことを実際にできたかどうかです。他の人の反応をこちらでコントロールはできないのですから。

5.「合理的・現実的な考え方をする」

非合理で非現実的思考は問題です。

たとえば今後スピーチを行う予定があり、最初に「絶対に失敗してしまう」と考えてしまうかもしれません。しかし以前に行ったスピーチが問題なかったら、このような考えは非合理的、または非現実的です。代わりにこう考えるべきです「以前スピーチを行ったことがあるし、準備はできている。後はベストを尽くすだけだ。」

同じように、誰かをデートに誘う時、「絶対にOKしてくれるはずだ」と考えるのは非合理的です。「OKしてくれる「かもしれない」」と考えたほうが合理的です。

もし社会不安があなたの目標を妨げ、あなたの望んでいる生活を邪魔しているなら、助けを求め、今回紹介した方法を試してみてください。社会不安はとても治療可能なものなのです。

参考記事:6 Ways to Overcome Social Anxiety

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ