ADHDの人が健全な自己の「境界」を作るには?

あなたは自分が本当は何が好きで、何が嫌かということがわかっていますか?

例えば相手の望みばかりを優先していると、自分の本当の気持ちや感覚というのがわからなくなってしまうことがあります。それは自分と他人との境界が明確ではなく、混乱しているからです。特に大人のADHDの人はその傾向があるようです。

大人のADHDの人は、「境界」に苦労します。他の人に自分の境界を認めてもらうか、それとも他の人の境界を尊重するか、またはその両方か。「境界」とは、あなたの価値感と優先順位を元に、自身で決めたルールのことです。

いくつかの境界は、無意識のうちに自動的に実行されます。例えば、もし知らない人が至近距離に近づいてきたら、あなたは安心感が得られる物理的な空間を作るために、本能的に後ろに下がるでしょう。

しかし、全ての境界が簡単に実行できるわけではありません。時々、あなたは自分の境界が何なのかわからなくなり、境界を守ることができなくなるのです。またある時には、自分の境界が侵犯されていることに気がつくでしょう。その時は、自分の境界を主張したり、または境界を守るための自信をさらに強める必要があります。

たとえ最初は居心地の悪さを感じても、自己の境界を強化するのは価値のある大切なことです。なぜなら健全な境界はあなたが幸せを感じ、体を健康にし、他の人との良い関係を築くためにとても重要だからです。

スポンサーリンク

自分の健全な「境界」を知るための方法とは?

境界に関することは、とても個人的なものです。自己の境界が侵犯されているかどうかを知るための一番の方法は、毎日の様々な状況の中で自分がどのように感じているのかに気付くことです。

もしネガティヴな感情(恨みや怒りのような)を感じたり、腹が立ったり、反発を感じたら、その時があなたの自己の境界が侵犯されているサインなのです。

例:友人が車を貸してくれるよう頼みます。しかしあなたは気が進みません。しかし「いいよ」と言ってしまいます。この時あなたの中でいったい何が起きているのかに気がつきましょう。

あなたの心の声はおそらくこう叫んでいます。「車を貸すのは嫌だ。なぜいつも私に頼むのだろう?」

これがあなたの境界を示す手がかりです!

また、身体的な反応は次のようなものです。無力感や虚脱感、無感覚、恐怖感。さらに感情の反応としては、自分は相手にいいように利用されているだけかもしれないという不信感、または怒りです。

またそれが行為に表れることもあります。例えば、ぐずぐずして先に進まない状態です。車の鍵を渡たさなければいけないのに、先延ばしにしてしまう、または、約束の時間に遅れる、または鍵をなくしてしまうなど。

これらは全て、あなたの境界が侵犯されていることのサインなのです。

反対に、もし友人が車を貸してくれと頼んできて、あなたは心から友人に貸したいと感じたときは、友人の助けになることが幸せだと感じるでしょう。そしてもしかしたらわざわざあなたのほうから、友人に車を貸そうかと提案さえするかもしれません。

自己の境界を明確にすることは、様々な利点があります。以下がその利点です。

1.より幸せを感じやすくなる

なぜならあなたは自らの「心の倫理基準」に注意を払い、それに従うことができるからです。

2.家や仕事でのより良い関係性を持つことができる

なぜなら、あなたは自己の境界を他人から侵犯されることを許容しないので、恨みの感情は一切感じないからです。あなたは人を好きになり、尊敬さえ感じるのです。

3.エネルギーを増やすことができる

もし自分の気持ちの良さよりも、他人の要求を満たすことを優先してしまうと、あなたのエネルギーは枯渇してしまうでしょう。健全な境界を持つことはたくさんの精神的・身体的なエネルギーを持つということなのです。

4.自信がつく

自分のやりたいことを自分は達成できるという自信がつきます。

5.より生産的になる

なぜなら明確な自分のための時間の境界を持っているし、より多くのエネルギーを持っているからです。

6.自尊心が高まる

他の人があなたを尊敬することで、あなたの自信が増え、その結果自尊心が高まるのです。

自己の境界を作り、それを忠実に守るということは、少し怖いと思うかもしれません。それはすなわち、あなたがこれまで「はい」と言ってきた人たちに、今度は「いいえ」と言うことを意味するからです。

またこれは少しばかり自己主張をしなければいけない場面が増え、以前とは違ったやり方で物事を行い安心感を得ると言うことなのです。しかしそれによって得られるものは多く、行うだけの価値は十分にあるのです!

あなたは自分の境界がどんなものかをよく知っていますか?

参考記事:How to Create Healthy Boundaries When You Have ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ