ADHDの人など、対人関係の苦手な人が友だちを作るためのヒント

対人苦手リンク

ADHDの人は孤独を感じやすいと言われます(ADHDの人はなぜ孤独を感じるのか?7つの理由)。

一説には、知能と社交能力に大きなギャップがあるとも言われています。学校の成績は優秀だけど、友だちはほとんどいないという人も少なくないでしょう。

私自身も友だちは非常に少ないです。そこで、友だちを作るためのヒントを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「連絡を絶やさない」

友だちとはできるだけ連絡を絶やさないようにしましょう。

SNSのアカウントや、アドレス帳、携帯にある連絡先、メールの受信トレイをチェックして、友人や知人のリストを作るとよいと思います。

気分が落ち込みやすい人の場合は、連絡を取りたくなくなることもあるでしょうが、できるだけ絶やさないようにしたほうがいいのかもしれません。

「友だちと連絡を取る時間をスケジュール化する」

たとえば、毎週金曜日や日曜の夕方の1時間は、友だちに電話をかけたり、メールを送ったりする時間と決める。 他には、テキストメールやチャットを、1日10分必ずするなどです。

こうしておくと、習慣化もされるので、友だちとの関係が途切れることはなくなるでしょう。

「シンプルでストレスのない活動」

友だちと遊ぶときは、あまり凝ったものにすると、疲れてしまいますし、長続きしなくなります。

持ち寄りのパーティー、またはカフェで友だちと会い、一緒に散歩したり、テレビを一緒に見たりするのでもよいでしょう。

「友情をやり直す」

新しく友だちを作るだけでなく、昔の友だちとまた友だちになってもよいでしょう。

現在は音信不通になっている、昔の友だちがいたら、その友だちを何人かリストアップしてみましょう。そしてもう一度友だちとしてやっていけそうかどうかを考えます。

なぜその友だちと音信不通になったのか?またその友だちと会いたいと思うかなどを自分に問いかけましょう。

もしけんか別れをしたり、嫌なことをされたりしてもう会いたくないという場合は、無理にやり直す必要はないでしょう。過去の友だちを思い出して嫌な感情を覚えたら、紙に描いたりしてなどして捨て去るようにしましょう。嫌な感情はイメージ化すると効果的に忘れられるようです。

「趣味の活動に参加する」

趣味の活動に参加すると、友だちを作りやすいです。共通の話題があるので、対人関係の苦手な人でも話がしやすいと思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ