ADHDの人は失敗に弱い?立ち直るための方法は?

ADHDの専門家によると、ADHDの人は普通の人よりもより多くの失敗を経験するそうです。

学生時代を振り返っても、同級生よりも学校での苦労が多かったのではないでしょうか。

その他にも人生の様々なイベント、たとえば卒業、結婚、家の購入、就職など、すべてが他の人よりも遅れている場合があるかもしれません。

たとえば学校を卒業するのに4年以上かかってしまうこともあります。

このような失敗が重なると、自信と自尊心は少しづつ削られていき、物事を達成することができなくなり、さらに失敗をしてしまうのです。

大人のADHDの人は失敗の経験にとても「慣れて」います。

そのため「自分は成功するのに値しない人物」だと感じています。

たとえ何かすごいことを達成しても、これは「まぐれ」だと思ったり、達成したことを喜ぶよりも達成するまでの「苦痛」ばかりを思いだしてしまうのです。

成功について良い感情を持てることは重要です。なぜなら次の成功がより簡単になるからです。

プリンストン大学のハウスホーファー教授によると、「失敗を記録する」ことが重要だそうです。

紙やパソコンなどでいままでの失敗を書いてみましょう。それではなぜ失敗を記録することが役に立つのか、以下がその理由です。

スポンサーリンク

失敗を記録することが役に立つ理由

「失敗経験を頭の中から取り除く」

「失敗の記憶」が頭の中にあると、それがいつまでも残ってしまいます。

そしていつの間にかその記憶はどんどん大きくなり、その結果実際の失敗経験よりもより大きなものになってしまうのです。

頭の中で否定的な感情を失敗経験に結びつけ、失敗経験を少しでも思い出すことでそれを何度でも追体験してしまいます。

しかし過去の失敗経験を記録することでこのサイクルを壊すことができます。

過去の失敗経験をより客観的に見る助けになるのです。

「恥を感じることを減らす」

「恥」は大人のADHDの人にとって最も危険な感情です。

失敗による恥の感情は少しづつ自信と自尊心をすり減らしていきます。

そして未来の大きな目標をあきらめ、無難な道を選んでしまうようになります。

そうならないためには、「失敗」を隠すのは止めてできるだけオープンにしましょう。

それが恥を感じることを減らすための出発点になります。

「他の人と共有する」

「すべての失敗」が恥などの感情を引き起こすわけではありません。

失敗の中にももう今ではなんとも思わないものがあるはずです。

どんな失敗経験が今でもあなたを傷つけているかを特定しましょう。そして一度紙に書き出して確認してみましょう。

また友達やセラピスト、ブログなどに書いて他の人と共有しましょう。

そうすれば恥や失望の感覚は消滅します。

「失敗や拒否に慣れる」

失敗と拒否は人生の一部です。

これまでの「失敗」と「拒否」された経験を書き出すことで、あなたの失敗の「パターン」がわかります。

このパターンは、新しい失敗や拒否を経験したときの助けになります。

たとえば履歴書を5つ送って1通だけ書類審査が通り面接に進める。2つの面接のうち通るのは1つ。3人とデートをして2回目のデートができるのは一人だけなどです。

このパターンを知ることで、拒否や失敗を「数のゲーム」に変える助けになります。傷つくことは減るでしょう。

また以前はわからなかった自分のポジティブな面、たとえば「忍耐力」や「決断力」もわかるかもしれません。

「自分を振り返る時間を作る」

ADHDの特徴の一つは、次から次へと行動を変えていくことです。そこには何が起こったのかを振り返る時間はあまりありません。

しかし過去を振り返る時間は、過去の経験から学び同じ失敗を繰り返さないためにとても大切です。

参考記事:ADHD and Failures

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ