対人関係苦手な人が「天職」をみつける方法は?

スーツ姿の男性と女性

対人関係が苦手な人の中には、仕事探しを苦労している人も少なくないでしょう。

今の世の中は対人関係が上手な人が求められる仕事が多いので、対人関係が苦手な人はなかなか仕事に馴染めなかったり、仕事に就けないことがよくあるように思えるからです。

そんな対人関係が苦手な人にとって、「これだ」と言える、自分に合っていて長続きする「天職」と呼べる仕事をみつけることは重要だと思います。

以下の記事によると、「天職」を探すには6つのポイントがあるそうです。

「社会で働くからには、楽しくて意味のある職業に就きたい」と思う人が多いもの。さまざまな研究に基づいた職探しのコツを公開しているキャリアガイドサイト・80,000 Hoursが、「天職」とは実際に何

「天職」を探す6つのポイントは以下です。

1:フロー状態に入れる仕事に就く
2:他の人の手助けになることを仕事にする
3:得意なことを仕事にする
4:同僚が協力的であること
5:仕事によって基本的な欲求が満たされること
6:プライベートと適合する仕事に就く

もし何かスキルを売りにしたい、好きなことを仕事にしたい人は、「フロー状態に入れる仕事に就く」「得意なことを仕事にする」が重要なのかなと思います。

「フロー状態に入れる仕事」というのは、「時間も忘れて集中できる仕事」のことでしょうか。

対人関係が苦手でも、何かスキルや専門性があれば、それで埋め合わせができる場合があります。

スポンサーリンク

「同僚が協力的であることも重要」

またスキルや専門性がない、高めることができないという場合は、「同僚が協力的であること」が大切なのかなと思います。

どんな仕事でも、一緒に働く人との人間関係が良ければ、仕事は楽しいものです。逆に好きな仕事ができても、人間関係が悪ければ仕事が楽しくなくなったり、続かないということもあるように思えます。

働く人の仕事の悩みの第一が人間関係とも言われていますから、どんな人と一緒に働くかというのは重要だと思います。

とりあえず仕事探しは、以上のポイントを踏まえて試行錯誤していくことが大切なのかなと思います。

また転職サービスを利用するの一つの方法だと思います。専門のカウンセラーがいるので、その人たちに相談すると、自分に合った仕事や会社を紹介してくれます。

たとえば「【ハタラクティブ】」や「障がい者の転職求人情報アイエスエフネットジョイ」(障がい者向け)などがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ