自信を持つことが大切?効果的ないじめの対処法

対人苦手リンク

効果的ないじめの対処法を紹介します。ネットの情報や個人的な経験からです。

いじめは子どもの世界だけでなく、大人の世界にもありますよね。私も子どもの頃はもちろん、大人になってもいじめの経験があります。むしろ大人の世界のほうが多いような印象さえあります。

いじめの対処の方法はいろいろですが、対処に間違うと余計いじめを受けたりする可能性もあるので注意したいです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「自信を持つ」

いじめられると自信を失ってしまう人も多いでしょう。しかし、いじめられて自信を失い小さくなってしまうと、それはいじめをする人の思う壺です。

逆にいじめられても自信を失わず、堂々としていればいじめをする人のほうが自信を失ってしまう可能性もあります。

とにかくいじめられている人は自信を持つことが大切のようです。

「つながりを保つ」

いじめられると人を信じられなくなります。それで人とのつながりを絶ってしまう人もいるでしょう。

しかし、いじめられた人が孤独になると、さらにいじめがエスカレートする可能性もあります。

いじめからの回復は、信頼できる友人やサポートしてくれる大人とのつながりでなされるからです。

ですから、いじめられてもできるだけ人とのつながりは保つようにしたほうが良いようです。

「感情的にならず冷静に」

いじめられると、思わず感情的に反応してしまいます。それでいじめをする人をさらに怒らさせてしまうかもしれません。しかし、それこそいじめをする人が望んでいることです。いじめをする口実を与えてしまうからです。

ですからできるだけ感情的にならず冷静に対応するようにしましょう。そのためには、あらかじめどう対応するか練習しておくの1つの手です。

「早めに手を打つ」

いじめの多くは段階的に行われます。

最初は軽いものから始まり、段々と重いものになっていきます。いじめをする人の多くは下調べをしているようです。この人だったらいじめをしても大丈夫(何も言わないし、助けも求めない)とわかると、本格的にいじめをスタートするようです。

ですから、いじめられた場合は、早めに対策を行うことが大切です。

「いじめは犯罪という意識を持つ」

いじめは犯罪という意識を持つことが大切です。

いじめという言葉だとわかりにくいのですが、一般に生活をしていて、誰かから暴力を受けたら警察に通報するのが普通です。

しかし、いじめという言葉が使われるとそのような意識が亡くなってしまうような気がします。それは危険なことだと思います。

参考記事:6 Smarter Ways to Deal With a Bully

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ