嫌な気分を変えたい人におすすめ!簡単にできる、気分をあっという間に変える方法

対人苦手リンク

仕事やプライベートなどで生まれた嫌な気分をずっと引きずる人も多いと思います。

気にしちゃいけないと思っても、なかなか気分を変えられない、頭の中から離れない、そういうことがあります。私もその一人です。

簡単に気分をスイッチできる人もいますが、そうではない人もたくさんいるのです。

そんな人におすすめの、手軽に簡単にできる、気分を変えられる方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ブログを始める」

ブログは感情を吐き出すことができるので、気分を変えるのにおすすめです。

しかしブログでは幸せにつながるようなことを書いたほうがいいでしょう。そうすればブログを読んだ人はポジティブなコメントを残してくれるからです。

ネガティブなことばかり書くと嫌な気分がさらに強まる場合もあるので注意が必要です。

2.「物語を作る」

もしあなたを嫌な気分にする人がいたら、その人が登場する物語を作りましょう。

物語の中でその人に災難が降りかかるようにするのです。そうすれば気分がすかっとするでしょう。

3.「映画の登場人物に自分を重ねる」

何度見ても気持ちが良くなるような、大好きな映画はありますか?

そんな映画があったら、その映画の主人公に自分を重ねましょう。そうすればポジティブな気持ちになれます。

4.「太陽の光を浴びる」

外に出て太陽の光を浴びましょう

太陽の光は体内のビタミンDを増やし、気分が良くなるホルモンであるセレトニンを増やしてくれます。

5.「つま先を触る」

つま先を触ると「股関節」が開きます。

股関節は多くの人が緊張をため込んでいる場所です。つま先を触った姿勢を数分保ち、それからゆっくりと体を上げていきます。体が上がるにつれて、気分も上がっていきます。

6.「音楽を聴く」

気分が高まるようなお気に入りの音楽を聴きましょう。そうすればすぐに幸せな気持ちなります。

音楽は心に強い影響を与えます。

7.「体を動かす」

体を動かすとエンドルフィンが放出され、気分が高まります。

お気に入りの音楽を聴きながら、体を動かしましょう。

8.「冷蔵庫に写真を貼る」

私たちは一日に約27回冷蔵庫を見ると言われています。それを最大限利用しましょう。

研究によると、幸せな人たちは家族の楽しんでいる写真の多くを家に飾っているそうです。

冷蔵庫にお気に入りの写真を貼れば、何度も目に入るので、自然と幸せな気分になれるでしょう。

9.「植物を育てる」

研究によると、近くにカラフルな植物などがあると、ストレスが和らぎ、悲しい気分が減り、穏やかな気分の状態が増えるそうです。

10.「新しいパスワードを作る」

パスワードの一つ(メールや、ATMなど)を、大好きなペットや、夫の可愛いニックネームなど、好きな言葉に変えましょう。そうすればパスワードを入力するたびに幸せな気持ちになります。

11.「自分の常識を破る行為をする」

小さなことで、何か新しく、これまでにしたことのないようなことをしましょう。

たとえば、毎朝飲むコーヒーの上にホイップクリームをのせてみるなどです。珍しいものは気分を良くしてくれます。

12.「カレンダーに印をつける」

カレンダーで楽しみなイベントのある日に印をつけましょう。印をつけるたびに、まるでそのイベントに参加しているような気分を得られるでしょう。

13.「気前良くする」

研究によると、他の人に5ドル程度、数百円のお金を使うと、人は楽しい気分になるそうです。

同僚などに一杯のコーヒーを買ってあげるだけでも、楽しい気分になれるかもしれません。

14.「ネガティブをポジティブに変える」

今日うまくいかなかったことを、5から10リストアップします。

それからそのリストを大きな声で読み上げます。これは一見する逆効果にも見えますが、そうではありません。うまくいかなかったことをすべて読みたあと、きっとそれほど「たいしたことなかった」と思えるからです。

15.「良いことを考える」

過去5年、10年、15年の間にあなたが成し遂げたことを振り返ってみましょう。

そのときよりも料理が上手になっていたり、趣味のブログがちょっとした収入源になっているかもしれません。成長を認識し、認めることで満足感を得ることができます。

16.「暗闇で寝る」

夜は寝ているが疲れが取れないという人はいませんか?もしかしたら眠る場所に暗さが足りないのかもしれません。

寝ている間、体内ではメラトニンと呼ばれるホルモンが作られます。もし完全な暗闇で眠ると、作られるメラトニンの量が増えます。

光を完全に遮断し、暗闇で眠ることで気分が良くなります。

17.「お茶を飲む」

お茶はストレスを減らしてくれ、血圧を下げ、循環器疾患にかかるリスクを減少する効果があります。気分を変えたいときは、お茶を飲んでみましょう。

18.「落書きをする」

紙に何か落書きをしているとき、時間を無駄にしているように思えます。

しかし研究によると、落書きは集中力と記憶力を高める助けになるそうです。

仕事の会議などで気分を変えたい人は、落書きをしてみると良いかもしれません。

参考記事:8 Ways To Boost Your Mood Instantly/Improve Your Mood in 5 Minutes

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ