ADHDと「誤診」される子どもの数はどれくらい?誤診の原因は?

アメリカの疾病管理センターによると、アメリカでADD/ADHDと診断された子どもの数は640万人で、アメリカの子どもの約11%がADHDになるという計算になります。

ADHDはアメリカの子どもの最も一般的な障害の一つです。

しかし一方で、ADHDと誤診される数も非常に多いそうです。

心理学者や健康の専門家の中には、アメリカで子どもがADDと誤診される数は1年間で約100万人にもなる可能性があると考えている人もいます。

なぜ誤診が生まれるのでしょうか?

以下の記事から誤診の原因をいくつか紹介します。

About 6.4 million children have been diagnosed with ADD and ADHD, according to studies by the Centers for Disease Control. It is one of the most common childh...
スポンサーリンク

誤診の原因は?

家族の「トラウマ」が「ADHD」と間違われる

ADHDと診断された子どもの家族は、貧困、離婚、暴力、薬物中毒など、問題のある家族が多かったそうです。

問題のある家族で育った子どもは「トラウマ」を抱えており、そのトラウマが原因の行動が、「ADHD」と間違われてしまうのではないかと指摘する専門家もいます。

「学習障害」がADDと間違われる

もう一つの理由は、「学習障害」が「ADD」と間違われることです。

ハーバード大学の教授によると、学習障害の子どもの55%は、注意力の欠如があるそうです。

この学習障害の子供の注意力の欠如が、ADHDと間違われてしまう場合があるそうです。

参考記事:How Many Children Are Misdiagnosed With ADD & ADHD A Year? The Numbers Are Ridiculous

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ