ひきこもり・ニートの人は株式投資をやったほうが良い?

ひきこもり・ニートの人にとって、「働くこと」は、ひきこもり・ニート状態から脱出するうえでとても重要なことだと思います。ひとまず働くことができれば、大きな一歩となる可能性が高いでしょう。そのため国や支援団体なども就労支援を行っています。

しかし驚くべきことに、ひきこもりの専門家によると、「ひきこもり・ニートの99%は就労できない」そうです。

内閣府が先月7日に公表した調査結果によると、仕事や学校に行かず、6カ月以上家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる「ひきこもり」(15~39歳)の人は、全国に約54万人いるとされる。年齢層を広げ、外部との交流はあるがやはり仕事をしていない「ニート」を含めると、その数は確実に数倍になる。病気や障害で働け...

『ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法』(雷鳥社刊)の著者で、公的機関のひきこもり相談員として、ひきこもりの自立支援に従事した経験を持つ伊藤秀成さんは、支援現場の常識は「ひきこもり・ニートの99%は就労できない」だとしている。

多くの人が想像する「ひきこもり・ニートからの脱出」とは、「正社員として就労し、いずれ経済的に自立する」というプロセスだろう。実際に国は、そのプロセスをモデルとして支援を行っている。

しかし、仕事として多くのひきこもりやニートと接してきた伊藤さんが、こういうケースに出会ったのはわずか一度。

就労する意欲があっても「正社員」のハードルは高い。非正規雇用では、継続的に自立した生活を送ることができるか心もとない。そして、そもそも働く意欲のない人も一定割合存在する。

ひきこもり・ニートにとって「正規雇用から経済的自立」というプロセスはかくも困難なものなのだ。

参考記事:「ひきこもりの自立は99%無理」を解決するたった一つの方法

確かに「就労」の定義を「正社員として就労し、いずれ経済的に自立する」とすると、これはひきこもりやニートでなくても簡単ではないわけですから、長期間働いていないひきこもりやニートの人にはなおさら難しいのかもしれません。

ただし「アルバイト」や「在宅」の仕事なども就労としてカウントすれば、少なくとも99%ということはないと思います。この記事の専門家の人は就労を「正社員」のみとしているので、やや極端な数字が出てくるのだと思います。

アルバイトや在宅の仕事だったら、ひきこもりやニートの人でも採用されやすかったり、長続きすることも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ひきこもり・ニートの人は株式投資がおすすめ?

しかしそれでもひきこもりや・ニートの人、特に期間が長期にわたる人にとっては、働くことのハードルが高いというのも事実です。興味深いのは、この専門家の人がひきこもりやニートの人に「株式投資」を勧めていることです。

働く意欲に乏しく、特別なスキルもなく、人付き合いが苦手なひきこもり・ニートはどうやって金を稼げばいいか。伊藤さんはその手法として「株式投資」を推奨。種銭の作り方から、適した投資の種類、そして細かな投資手法まで詳しく解説している。

参考記事:「ひきこもりの自立は99%無理」を解決するたった一つの方法

確かにひきこもりやニートの人は、「普通の仕事」を理想とするとうまくいかない可能性のほうが高いのかもしれません。それで余計にひきこもってしまうこともありそうです。

そうするなら、ひきこもっていてもお金を稼ぐことができる方法を探すほうが良いような気もしますね。その方法の一つが株式投資なのでしょう。

ただし株式投資は最初に投資するお金がある程度必要ですが、働いていないひきこもりやニートの人は、そのお金をどうやって工面するのでしょうか。また株式投資は大金を失うリスクもあるので、その点はかなり危険でしょう。借金などをして株式投資をするのは止めたほうが良いと思います。

ひきこもり・ニートの人はもっと堅実な方法で家でお金を稼ぐ方法を探すべき

私はひきこもりやニートの人が株式投資をするのはあまりお勧めしません。ものすごくお金持ちの人で、大金を失っても問題ないという人なら別ですが。

それよりももっと堅実な方法で、家の中でお金を稼げる方法を探すべきだと思います。たとえば最近はWEBライターの仕事が増えています。この仕事は家の中でできる仕事ですので、ひきこもりの人も比較的ハードルが低いのではないでしょうか。

WEBライターの仕事は「【クラウドワークス】」や「クラウドソーシング「ランサーズ」」などで探せます。

参考記事:「ひきこもりの自立は99%無理」を解決するたった一つの方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ