ADHDや学習障害の10代が初めての仕事に選んだほうがいい仕事

ADHDや学習障害の10代の少年少女が、初めて仕事をする時に選んだほうがいい仕事を紹介します。

初めての仕事がうまくいけば、10代の子たちは自信と自尊心を築くことができます。

ですから初めての仕事の経験はとても重要なのだと思います。以下の海外記事を参考にしました。

記事によると、大切なのはADHDや学習障害の10代が強みを生かせる仕事を探すことです。

スポンサーリンク

「動物の世話」

動物のシェルターやケンネルでの仕事は、動物と遊んだり、散歩したり、食事を与えたりする仕事です。

また犬小屋を掃除したり、物を運んだりする仕事もあります。

もし動物好きなら、集中力を保ち、エネルギーと熱意を最大限に活用できる仕事でしょう。

会話能力は重要ではありませんので、言語に問題のある10代に向いているかもしれません。

「造園、庭師の仕事」

体力が余っている10代は、芝刈りや、植樹などでエネルギーの発散ができる造園、庭師の仕事がおすすめです。

ただし黙々とやる仕事なので、ついしゃべりすぎてしまうような問題を抱えている人は、向いていないかもしれません。

「洗車」

注意力や実行機能に問題のある10代は、すぐに結果が出て満足できる仕事が望ましいです。その点で洗車の仕事はおすすめです。

仕事を長続きさせるためには、お金に加えて他に何か目標があると良いでしょう。

洗車のみの仕事は、トヨタやBMWといった大きな会社で募集がときどきあるようです。

一日外で洗車をするので、体力がかなり必要になるようです。夏は特に大変かもしれません。

「売り場の店員」

人づきあいが上手ならば、売り場の店員がおすすめです。

お店でお客さんにアドバイスをしたり、手助けをします。ただし数学や実行機能に問題のある人は、レジ打ちの仕事は止めたほうがいいかもしれません。

もし他の人が計算などを行ってくれるなら、売り場の仕事は良い経験になるでしょう。

「倉庫や棚卸の仕事」

レジ打ちや、お客さん相手の仕事は、ADHDや学習障害の10代にはあまり向いていませんし、強みを生かすことができません。

小売店や商店の裏方での仕事、倉庫や棚卸の仕事のほうが向いていることが多いでしょう。

仕事内容は、商品の棚卸、商品の袋詰め、床の掃除などです。商品を並べるときはクリエイティブな才能を生かせるでしょう。

「子ども相手のリクリエーションのアシスタント」

もし運動と子どもが好きなら、子ども相手のリクリエーションのアシスタントの仕事がおすすめです。

放課後や、夏休み、週末のスポーツプログラムで募集があります。

ベビーシッターの仕事とは違い、直接子どもと運動を行うことが多いです。

これは注意力や、脳の実行機能、学習能力に問題がある人にとっては向いている仕事です。

「レストランのキッチンヘルプ」

この仕事は、皿洗いや、材料の準備、床掃除、テーブル拭きなどを行います。

レストランの裏は、フードサービスの基本を学ぶにはうってつけの場所です。

ただしこの仕事は休憩時間があまりありませんので注意が必要です。

裏方の仕事なので、お客さんの前に出る機会はほとんどありません。

「プール管理」

プールを管理する企業は、夏の客が多くなる時期にアルバイトを募集します。

もし水のそばで働くのに抵抗がなければ、プール管理の仕事はおすすめです。

仕事はプール内の掃除、落ち葉を除去したりということが多いでしょう。

「データ入力」

もし運動能力が低かったり、多動性の問題がある場合は、データ入力の仕事は向いていません。

しかしコンピュータが得意で、一人で仕事をするのが好きな人には、データ入力の仕事が向いているでしょう。

参考記事:コミュ障の人はデータ入力の仕事に向いている?

アルバイトはどうやって探せばいい?

アルバイトはこちらのサイト「バイト探しはシフトワークス」や「1日から働ける激短バイト!ショットワークス」「採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【ジョブセンス】」などから探せます。

また正社員の仕事を探している人は「既卒の就職なら!【ハタラクティブ】」「20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!」がおすすめです。

参考サイト:9 Great First-Time Jobs for Teens

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ