ADHDの人が食べたほうが良い食べ物

対人苦手リンク

ADHDの人が食べたほうが良いとされる食べ物を紹介します。食べ物に気をつけることで、ADHDの症状の改善が期待できるようです。

特に、ADHDは脳の神経機能が原因のため、脳の機能を改善する食べ物の摂取が大切のようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「バランス良くたんぱく質を摂取する」

さまざまな食べ物に含まれる「たんぱく質」を、バランス良く摂取しましょう。

ただし、いくつかのたんぱく質は取り過ぎると体重の増加につながるので、たんぱく質は少な目に摂取したほうが良いでしょう。

アーモンド、クルミ、カシューナッツ、チーズ、ビーフジャーキーなどはたんぱく質が豊富に含まれ、簡単に摂取できる食べ物です。

2.「果物と野菜」

果物と野菜はおすすめです。

特に、まだ泥がついていてカットされる前のレタスやにんじんは、少し高額でも食べる価値があります。

3.「全粒穀物(複合炭水化物)」

全粒穀物の小麦粉、クラッカー、シリアル、パスタや玄米はおすすめです。

4.「ビタミンとミネラル」

多くの研究は、ビタミンとミネラルの不足している人が多いことを示しています。

5.「オメガ3脂肪酸」

「オメガ脂肪酸」は、冷たい水の中で泳ぐ白身魚、たとえばマグロ、サーモン、イワシなどに含まれています。

また、ほかにも亜麻の実(flax seeds)、クルミ、ブラジルナッツ、オリーブ油、キャノーラ油にも含まれています。

サプリメントもいくつか販売されています。

食べてはいけない食べ物

また、食べてはいけない食べ物としては以下のものがあります。

  • 長い成分名を持つ食品、人口着色料など
  • 砂糖、コーンシロップ、蜂蜜、キャンデー
  • トランス脂肪酸を含む食品
  • アルコールやカフェイン
  • 精白粉(white flour)を含む食品
  • 白いパン、パスタ、白ご飯

参考記事:Are You What You Eat? Best ADHD Diet

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ