ゲームが子供のADHDの症状を改善する!?驚くべき研究結果

「ゲーム」は子供にあまりよくないイメージがありますよね。一時期「ゲーム脳」という言葉まで流行り、ゲームが社会問題となりました。子供のゲームを禁止する親もいるのではないでしょうか。

しかし最新の研究結果によると、ゲームはADHDの子供の症状を改善することが明らかになりました。

New research suggests a computer game can improve classroom behavior and improve social interactions among children diagnosed with attention-deficit hyperactivi...

この研究を行った中国の研究者によると、ゲームをした子供は、教室内での問題が行動が減る、成績が上がる、同級生や先生との関係が改善したそうです。

a1470_000024

研究で使用されたゲームソフトは、注意力や衝動性のコントロール、ワーキングメモリーを訓練するゲームです。そして子供たちがこのゲームを行っている間に脳波を測定したそうです。全部で5つの小学校で実験が行われました。

またADHDの症状が改善され、学校での成績が上がれば、社会的な地位上昇も期待できます。さらに、ゲーム内で何度も課題を達成する訓練を重ねることで、現実でも課題を達成するための自信が高まります。そのため、ADHDの症状の改善以上の効果が期待できるそうです。

この研究は中国で行われたようですが、現在はオーストラリアでも同じ実験が進行中だそうです。

ただしこの研究からだけだと、「ゲーム」だったら何でも良いわけではなさそうですね。あくまでADHDの症状を改善するのを目的としたソフトウエアの場合に限られるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク