対人関係が苦手で、営業や接客以外の仕事をしたい人はITエンジニアがおすすめ。無料の塾も

対人苦手リンク

人と話すの苦手だったり、対人関係が苦手な人はITエンジニアの仕事がおすすめとよく言われます。

もちろんITエンジニアの仕事でも、組織で働く以上対人関係はあります。しかし、少なくとも営業や接客などの仕事よりは、対人関係能力が強く求められることは少ないでしょう。

ITエンジニア業界では、人と話すのは苦手だけど、プログラミングのスキルがあればそれで問題ないというところも少なくないと思います。

また、対人関係が苦手なアスペルガー症候群の人に向いている仕事としても、プログラマーがよくあげられます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

人手不足の状況も有利

さらに、現在はITエンジニアが人手不足だとよく言われます。これも対人関係の苦手な人に有利な状況です。

なぜなら、人手が足りないのであれば、対人関係が苦手な人や、ブランクのある人、職を転々としているような人でも雇われる可能性が高くなるからです。

フリーランスで働ける可能性も

また、ITエンジニアの仕事の魅力は、スキルを身につければフリーランスで働くことも可能だということです。対人関係の苦手な人は、会社のオフィスで多くの人と一緒に働くのが苦痛だという人も少なくないと思います。

しかし、フリーランスになり自宅で仕事をすればそのような心配もありません。この点も大きな魅力だと思います。

以上の理由で、対人関係の苦手な人の生き延びる方法として、IT系のスキルを身につけことは重要だと思います。

向き不向きはある

ただし、ITエンジニアの仕事に向いていない人もいるでしょう。

プログラミングは、延々と文字の羅列とにらめっこするような仕事ですから、向いていなかったり、好きでなかったりすると辛くなるかもしれません。

ITエンジニアの仕事は忙しい?

また、ITエンジニアの仕事は残業が多かったり、忙しいイメージもありますね。実際、私の周りの人からもそのような話を聞くことがあります。

しかし、最近はブラック企業などという言葉も広まっているので、昔よりは労働環境が良くなっている可能性もあります。

また、これは会社によってかなり違いがあると思います。会社によってはほとんど残業がなく、定時に帰れるというところもあるようです。就職や転職の際に注意すると良いのかもしれません。

無料の学校も

ITエンジニアのスキルを身につけるには、学校に通うのが一番です。

中には無料の学校もあります。たとえば、「【完全無料プログラミング研修&就活塾】」では、無料でITエンジニアになる勉強ができ、さらに就職支援も受けられます。年齢が30歳以下で一都三県に住んでいる人限定ですが、このようなサービスもあります。

興味のある人はITエンジニアを目指してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ