妊娠中の不健康な食生活が、子どもをADHDに!?イギリスの研究で明らかに

妊娠中に不健康な食生活をして高脂肪になったり、砂糖をとりすぎてしまうと、子どもがADHDになる可能性があるそうです。

これは、キングス・カレッジ・ロンドンの発達心理学者、エドワード・バーカーとその研究チームにより明らかになりました。

スポンサーリンク

164人のDNAを分析

研究チームは、問題症状のある83人の子どもと、問題症状の少ない81人の子どもの合計164人のDNAを分析しました。また出生前と出生後の母親の脂肪と砂糖の量も調べたそうです。

その結果、栄養状態の悪い母親から生まれた子供は、IGF2遺伝子がより高度にメチル化していることがわかりました。

IGF2遺伝子の高度なメチル化は、ADHDの症状を増加させることと関連性があるそうです。

そのため、妊娠中の母親の健康な食事は子どものADHDの症状を減らす助けになる可能性があります。研究者は、子どもの成長と発達のためにも、妊娠中の母親が豊富な果物、野菜、乳製品、タンパク質、パンや穀物を食べることをすすめています。

今回の研究結果の因果関係などはまだわからない

ただし、今回の研究は、あくまで妊娠中の母親の不健康な食事と子どものADHDの症状に「関連性がある」ということがわかっただけです。因果関係が明確になったわけではありません(もしかしたら別の原因が関係しているのかもしれません)

またADHDは一つの原因で起きる症状ではありません。今回の研究結果が正しかったとしても、それはあくまで原因の一つとして考えられるということだけです。

さらにこの結果から、ADHDの子どもを育てることに苦労している母親が非難される可能性もあるので、その点にも注意するべきでしょう。

参考サイト:
Eat Well for a Healthy Baby: Sugar and Fat Linked to ADHD in Children
ADHD in Children Health Center

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ