マイケル・ジャクソンも?「回避性人格障害」の有名人

カメラを構える男性

回避性人格障害の有名人を紹介します。

この中には、回避性人格障害を「公表している」人と、過去の行動から回避性人格障害ではないかと「疑われる」人の両方がいます。以下の記事を参考にしました。

スポンサーリンク

回避性人格障害を公表している有名人

「キム・ベイシンガー」

キム・ベイシンガーは、『ナインハーフ』『ネバーセイ・ネバーアゲイン』『L.A.コンフィデンシャル』などに出演した有名な女優です。ベイシンガーは回避性人格障害であることを公表しているそうです。

ベイシンガーは『L.A.コンフィデンシャル』でのオスカー授賞式で、何度もリハーサルをしたにも関わらず、何も言えなくなってしまったという、障害のエピソードを明らかにしています。

ベイシンガーはセラピーを受けているそうです。他の人と交流する必要があるときに、うまく対処ができるよう、回避性人格障害の治療を第一に行っているそうです。

「ダニー・オズモンド」

ダニー・オズモンドは、アメリカ出身の俳優、歌手です。元オズモンド・ブラザーズのメンバーです。

オズモンドは2000年のインタビューで、回避性人格障害と診断されたことを認めました。そしてステージに出るときに感じる恐怖について話をしました。

彼はこれまで数えきれないくらいステージに出てきましたが、そのたびに恐怖と不安を経験してきたそうです。そしてもしステージに出るか死を選ぶかという選択を迫られた場合、彼は死を選ぶとまで追い詰められていたそうです。

回避性人格障害を疑われる有名人

回避性人格障害を公表していませんが、過去の行動などから回避性人格障害ではないかと疑われる有名人です。

「マイケル・ジャクソン」

マイケル・ジャクソンは「仮面の世捨て人」として生きたアイドルです。マイケルは「マスク」と「変装」をしてステージに出ました。マイケルは多くのスターとは違い、人前に出るのをあまり楽しんでいないように見えました。

さらにマイケルは自分の家に遊園地を作ってしまいました。おそらく外の遊園地で他の人と出会いたくなかったからです。マイケルの知人は、マイケルが本当にシャイであったと話します。マイケルは2009年に薬の過剰摂取でなくなりました。

「グレン・グールド」

グレン・グールドは、有名なカナダ人のピアニストです。

グールドは5歳で作曲を始めたそうです。グールドは世捨て人として生活し、ピアノを通して人と交流するのを好みました。友人はグールドをシャイで優しい人間だと言っています。1982年に脳卒中で死亡しました。

参考記事:Famous People with Avoidant Personality Disorder

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ