ADHDと「実行機能」

対人苦手リンク

多くの研究によると、ADHDの大人は「実行機能」に問題を抱えています。実行機能とは、他の認知過程を直接調節する、より高いレベルの認知過程のことです。全ての実行機能は、脳の前頭葉で自動的に・無意識に働くものです。

実行機能は、「脳のプロジェクトマネージャー」として考えられます。実行機能は、ちょうどプロジェクトマネージャーが目標を達成することができるよう、チームのメンバーに指示と調整を行うのと、まったく同じ働きを行うからです。

実行機能は、ほかの脳の機能を動かす、脳内の中央制御過程の「チーム」に指示を行うのです。

以下が、私たちの毎日の生活に影響を及ぼす実行機能のリストです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

実行機能のリスト

  1. ワーキングメモリー(記憶しながら作業する)と記憶
  2. 実際の出来事を心に留めておき、情報を操作し、長期記憶の中から保存されたデータを取り出す
  3. 動機付け、活動性、覚醒状態、努力
  4. 仕事を開始し、集中させ、最後まで終わらせる
    感情のコントロール
  5. 欲求不満に耐え、行動に移す前に考えることを優先させる
  6. 言語の内面化
  7. 行動や行為を制御するための心のおしゃべりを管理する
  8. 複雑な問題解決
  9. 問題を細かい部分に分け、部分ごとに調査を行い、解決に向けたアイデアを作り上げる

あなたがADHDの場合、上にリストした実行機能は、自動的に起こらない可能性があります。しかし、実行機能の働きを助けるための道具がいくつかあるので、それを上手に利用すると良いでしょう。たとえば、時間管理にはタイマーを利用したり、チェックリストを作る、必ずメモをとるなどです。

参考サイト:Executive Functions And ADHD/大人のADHD、重い腰があげられないのはなぜ?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ