うつ病の人を理解するための8つのこと

対人苦手リンク

うつ病に関して、以下の記事がとても興味深かったです。

 全世界でうつ病に苦しむ人の数は3億5000万人にのぼると言われている。日本では、2008年が104万人とピークに達し、その後徐々に減少し、2011年では95.8万人となった。(図録▽うつ病・躁うつ病の総患者数)。それでも1996年の43.3万人と比べると、倍以上もの数値である。

私の友人や学校の先輩などにもうつ病の人が何人かいました。日本でうつ病になる人はとても多いようです。

しかし私は自分がうつ病になったことがないため、うつ病の人にどう接していいのかよくわからず、彼ら/彼女らとわざと距離をとったりもしていました。

ですからこの記事を読んでうつ病の人への理解が深まりました。また、自分も少しうつの傾向もあるので、読んでいて自己理解が進む部分もありました。

まとめると、うつ病の人には以下のような特徴があるようです。

1. 元気になったようなそぶりをみせた時は、逆に限界が近い証拠。
2. うつ病で落ち込んでいる症状は、悲しみの状態と混同されることが多い。
3. 普通の暮らしを営むことの困難さと常に戦っている。
4. うつ病の喪失感による疲労は、一般的な疲れの比ではない。
5. 身体的な障害がいくつも出る。これは精神の障害と同じくらい辛い
6. かつてはおもしろいと思っていたものを楽しめなくなる
7. 自分の感情をうまく伝えることが困難になる
8. うつの症状は人それぞれ違う

この中でも特に「1. 元気になったようなそぶりをみせた時は、逆に限界が近い証拠」というのは、確かにそうだなと思います。

私の身近でも、元気になったように見えた人が、後でとても不安定になるということがよくありました。

このようなことがもっと多くの人に知られれば、うつ病への理解がもっと深まると思います。

参考サイト:うつ病の人を理解するための8つのこと

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2