発達障害の人に翻訳の仕事は向いている?

対人苦手リンク

発達障害の人に翻訳の仕事は向いているのでしょうか?

私の知り合いや私自身も翻訳の経験があるので、発達障害と翻訳の仕事の関係について考えてみました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「言語優位の人は向いている」

発達障害で言語優位の人は翻訳の仕事が向いているように思えます。専門家に検査してもらうと、言語優位かどうかがわかるようです。

また、単純に語学が得意とか、楽しいと思える人は言語優位なのかもしれません。私も昔から英単語を覚えたり、和訳をしたりするのが楽しい人間でした。

一方、英語を見たら頭が痛くなるなど、語学が苦手だったりする人は向いていないのかもしれません。自分の好みや長所をよく考えると良いかもしれませんね。

「仕事環境が発達障害者の人に向いている」

翻訳は仕事をする環境も発達障害者の人に向いているような気がします。

特に翻訳はフリーランスがしやすい仕事の1つだと思います。フリーランスだと対人関係はあまり発生しないでしょう。対人関係で疲れてしまう人や、オフィスで他の人と一緒に働くのが苦手という人などは良いかもしれません。

また、自分のペースで仕事ができるのも良いです。1日8時間、決まった時間に働くというのが苦手な人には良いと思います。ADHDの人などは、決まった時間に働くのが苦手という人がいるようです。

一方で、フリーランスの場合は自己管理が重要になってきます。過集中の状態になり、一日中休みなく仕事をして体を壊してしまう可能性もありますし、逆になかなか仕事が始められずに一日が終わってしまうということもあります。

「翻訳の仕事はどうやって探す?」

会社に勤める場合は、翻訳会社や一般の会社の翻訳部門で働くことが多いようです。専門職のためか、派遣での募集をよく見ます。派遣の仕事は「マイナビスタッフ」などで探せます。

また、フリーランスの場合は翻訳会社のテストを受け、合格すると仕事をもらえるということが多いようです。最近は「【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!」などのサイトでも仕事を探せます。

「機械翻訳で仕事がなくなる危険性も」

しかし、最近は機械翻訳が進化しているので、将来的に翻訳の仕事がなくなる可能性もあるかもしれません。

実際、取引先の企業が機械翻訳に切り換えたため仕事がなくなったり、単価が安くなるケースも増えているようです。ですから、翻訳の仕事も一生安泰というわけではないようです。

「まとめ」

以上です。まとめると以下になります。

  • 翻訳は発達障害の言語優位の人に向いている
  • 翻訳の仕事環境が発達障害の人に向いている
  • 機械翻訳の進化で将来的に仕事がなくなる可能性も

個人的には翻訳は発達障害の人に結構向いている仕事だと思います。特に家で仕事をしたいという人には良いと思います。

ただしデメリットもいくつかあるので、それらを考慮して総合的に判断すると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ