人前でごはんを食べるのが苦手な人、もしかしたら「会食恐怖症」かも?

一般的に、ごはんは一人で食べるよりも人と一緒に食べたほうが楽しいとされています。

しかし中には人と一緒に食べるよりも、一人で食べるほうが好きという人がいます。

私も実はその一人です。人と一緒に食べると緊張してしまい、ごはんを味わって食べることができないのです。一人のほうが集中できるので、ごはんを美味しく食べることができます。

しかしごはんを一人で食べているのを他の人に見られるのは嫌だという気持ちもあります。人によってはトイレなどに隠れて食べる人もいるようです。

この人前でごはんが食べられないという状態は「会食恐怖症」という心の病の可能性があります。現代に多い心の病だそうです。

人前でごはんが食べられなくなってしまうという状態は、“会食恐怖症”と言われ、現代に多い心の病のひとつとされています。人前でごはんを食べている姿を見られることが恥ずかしい、緊張して食べられなくなってしまう、吐き気や気持ちが悪くなってしまうなどの症状が見られます。

女子会なんて論外!人前でご飯が食べられない「会食恐怖症」とは

私は吐き気まではいかないのですが、緊張してしまい食欲がなくなるということはあります。

しかし少数ですが、心を許せる相手だったら、緊張しないで一緒に食べることができます。家族などですね。

もしかしたら人と一緒に食べる経験が少ないので、慣れていないだけなのかもしれないと思うときもあります。他の人はもっと人と一緒に食べる経験をたくさんしているので、気にならないだけなのかもしれません。

ただ吐き気や気持ち悪くなるまでいってしまうと、食事ができない状態になるので、最悪病気になってしまいます。もしそんな場合は専門家に相談したほうがいいかもしれませんね。

参考サイト:女子会なんて論外!人前でご飯が食べられない「会食恐怖症」とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク