うつ病になりやすい性格の人はどんな仕事が向いている?

対人苦手リンク

仕事能力があり、自分の好きな仕事ができていも、うつ病になりやすい性格の人はそのせいで仕事ができなくなってしまうという難点があります。

それでは、うつ病になりやすい性格の人にはどんな仕事が向いているのでしょうか?自分の経験や周りのうつ病の人を参考にして、個人的に考えたことを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

きまった時間で、ゆったりしていて、プライベートの時間がたくさんある仕事が向いている?

おそらく、きまった時間で、ゆったりしていて、プライベートの時間がたくさんある仕事がいいと思います。民間と比べて比較的忙しくない役所の仕事などは、この条件をかなえてくれそうです。

また公務員が無理でも、民間でも探せばこのような仕事はありそうです。

ただおそらくこのような働き方だと、「正社員」ではなくアルバイトだったり、派遣というような雇用形態になる可能性は高いでしょう。正社員になるほどやることが多く、責任も増えるので、仕事もハードになりやすいからです。

時間が不規則でハードな仕事は向いていない?

逆に時間が不規則で、いつも忙しかったり、ノルマに追われていたりといったハードな仕事は、うつ病になりやすい性格の人にはあまり向いていないと思われます。

また好きな仕事だったり、やりがいのある仕事だったりすると、ハードな仕事内容でもつい頑張って働いてしまうのですが、後で体を壊してしまうということがあります。

人間関係も重要

ただし、ゆったりした仕事であっても、職場での人間関係が良くないと大変です。仕事がハードではない職場では、自然と人間関係に使われる時間が増えてくる傾向があります。仲良しグループができたり、派閥が何個もできてくると、それはそれで厄介ですよね。

しかし職場の人間関係が良いかどうかは入ってみないとわからない部分もあるので、なんとも言えないところはあります。

資格を取得して派遣で働く?

資格を取得して派遣で働くという道もありかと思います。派遣であれば時間がきっかり決まっていますから、ハードな残業などをする必要もなくなります。ただし身分が不安定ではあるので、どこでも重宝される資格を持っているといいと思います。

結局ゆっくりとした仕事だったらうつ病にはなりにくいのですが、お金があまり稼げません。ハードな仕事だったらお金は稼げますが、うつ病になりやすい、というジレンマでしょうか。

ただやはり大事なのはお金より体のほうですから、自分の体と相談しながら仕事探しをしていくことだと思います。

仕事は「【ハタラクティブ】」や「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」などで探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ