コミュ障の人はデータ入力の仕事に向いている?

データ入力の仕事って、一人で黙々とパソコンに向き合う仕事というイメージがありませんか?対人関係苦手な人、コミュ障の人でも、これだったらできそうと思う人がいるかもしれません。

しかしデータ入力の仕事を経験した人の口コミを見ると、データ入力の仕事にもコミュニケーション能力がある程度必要なようです。たとえば以下のような口コミがあります。

俺も最初は個人作業できるからって始めたけど
実際はそんなこと全然なくて、
同年代バイト同士は勿論、年上の主婦とかとも会話したり
一回り年違う上司と飯行ったりとかも普通にあったな。
おかげで今は社交力高いって言われるくらいまで成長したけど。

データ入力のバイトってどうですか?→意外とコミュ力必要

データ入力の仕事でもいろんな世代の人と会話をしたりする必要があるようですね。これだと普通の仕事とあまり変わらないような気もします。

またデータ入力の仕事をする人を雇う側からの意見もありました。

雇った後に実際その人を使うのは俺だから~ってことで
俺様も面接に同席してるけど、
まずPC使い慣れてる人。PCというよりIE専用機みたいに使ってるような、浅い人はパス。
当たり前のようにショートカットキー使うような人が好き。
なおかつ、他人と関われないから個人作業好むような、不健康ヒキみたいな人はパス。
目見て笑顔で話せるような人が好き。

データ入力のバイトってどうですか?→意外とコミュ力必要

こちらも「他人と関われないから個人作業好むような、不健康ヒキみたいな人はパス。 目見て笑顔で話せるような人が好き」という意見が衝撃的ですね。データ入力の仕事であっても、最低限のコミュニケーション能力は求められるようです。

ただしそれでもデータ入力の仕事は、接客業などとは違い、最も求められるのはコミュニケーション能力ではありませんよね。最も重要なのはタイピングのスピードと正確さでしょう。コミュニケーション能力はあくまで副次的に求められるものであるように思えます。ですからコミュ障の人も入り込む余地があるとは思います。

スポンサーリンク

コミュ障の人は人一倍タイピングの能力を高めるべし

たとえばコミュ障であっても、その乏しいコミュニケーション能力を補って余りあるくらい、人一倍タイピングの能力が高ければ、データ入力の仕事に雇ってもらえるかもしれません。

私の友人でコミュ障の人がいるのですが、データ入力の仕事をしている人がいます。とても楽しそうに仕事をしています。その友人は以前テレアポの仕事をしていて、テレアポの仕事は本当に苦痛だったと言っています。データ入力の仕事は自分に合っているといって喜んでいます。

在宅でできるデータ入力の仕事もある

また最近は在宅でできるテータ入力の仕事も増えています。人と接するのがどうしても苦手という人は、在宅でできるデータ入力の仕事を探してみるといいかもしれません。

在宅でできるデータ入力の仕事は、「主婦のための求人応援サイトママワークス」や「【クラウドワークス】」、「クラウドソーシング「ランサーズ」」などで探せます。

またデータ入力は派遣の仕事も多いですよね。派遣でデータ入力の仕事を探すなら大手の「あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!」がおすすめです。



参考サイト:データ入力のバイトってどうですか?→意外とコミュ力必要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ