内向的な人がコミュニケーションをする際に基本となる3つのヒント

内向的な人がコミュニケーションをとる際に基本となる3つのヒントを紹介します。

私も内向的な性格なのでとてもよくわかります。コミュニケーションに自信がないのですぐに謝ってしまったり、人と一緒にいてエネルギーを消耗してしまったり、沈黙が怖くて過剰に話をしてしまったりということがよくあるからです。

スポンサーリンク

1.「謝る癖をやめる」

すぐに「すみません」と謝っていませんか?

内向的な人はすぐに「謝る」くせがあります。特に初めて会った人の前では、何も謝ることはないのに「すみません」と何度も言いがちです。おそらく自分にあまり自信がなかったり、コミュニケーションで何度も失敗している経験から謝る習慣ができているのかもしれません。

2.「一人になりたい時は正直に話す」

人とコミュニケーションをとる際に、いったん一人になりたいと思うときはありませんか?

内向的な人は人とのコミュニケーションをたくさんとると、エネルギーがなくなり、どうしても一人になりたい時間が必要になってきます。内向的な人は、いったん一人になることでエネルギーが「充電」されるのです。

ただし人と一緒にいるときは「一人にさせてほしい」とはなかなか言い出しにくいかもしれません。せっかく一緒にいるのに、相手を傷つけてしまうと思ってしまうかもしれません。

しかし疲れたままで無理にコミュニケーションをとると、逆にうまくいかない場合があります。かえって相手に悪い印象を与えてしまう場合もあります。ですからここは思い切って「一人になりたい」と話してしまうのも一つの手です。その際は相手に不快感を与えないようにうまく説明することが重要です。例えば次のように説明するといいかもしれません。

「今日はあなたと一緒にいたいし、いろいろと話がしたいです。しかし最初にエネルギーを「充電」するために、一人でしばらく散歩をしたいです。それから一緒に話をしたりしたいな。」

3.「コミュニケーションをいったん「停止」する練習をする」

会話の際に沈黙が嫌で無理に話をしたりしてませんか?あるいは相手に受け入れられたいと過剰に話をしていませんか?

コミュニケーションをいったん「停止」するというのは相手に対して失礼に思えるかもしれません。しかしコミュニケーションをいったん停止すると、相手との調子を合わせたり、相手に対して過剰に説明していたり、過剰に正当化していないかどうかを確認することができます。コミュニケーションの最中に、相手に受け入れられようとして過剰に説明をしたり、正当化したりはしないようにしましょう。

まずは気心の知れた相手、恋人や親友、家族とのコミュニケーションの際に、「停止」をする練習をしましょう。気心の知れた相手であれば、「気まずい沈黙」もきっと許容してくれるはずです。そして練習を繰り返して自信がついたら、どんな相手や場面でも「停止」することに慣れるでしょう。

参考サイト:3 Essential Introvert Communication Tips

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ