帯広に発達障害やHSPの治療を専門とするクリニックがオープン

北海道帯広市に、発達障害やHSPに力を入れるクリニックがオープンするそうです。

クリニック院長の長沼さんは、発達障害や発達性トラウマの診療に力を入れていて、さらに日本でも数少ないHSP(敏感すぎる人)の臨床医だそうです。

 十勝で数少ない児童精神科専門医の長沼睦雄さん(60)=元道立緑ヶ丘病院勤務=が運営する「十勝むつみのクリニック」の施設が、帯広市西10南5で完成した。9月1日に診療を開始する。  長沼さんが院長を務め、児童も成人も診る。長沼さんは発達障害や発達性トラウマなどの診断治療に力を入れており、日本でも数少ないHSP(敏...

十勝で数少ない児童精神科専門医の長沼睦雄さん(60)=元道立緑ヶ丘病院勤務=が運営する「十勝むつみのクリニック」の施設が、帯広市西10南5で完成した。9月1日に診療を開始する。

長沼さんが院長を務め、児童も成人も診る。長沼さんは発達障害や発達性トラウマなどの診断治療に力を入れており、日本でも数少ないHSP(敏感すぎる人)の臨床医。

発達障害に力を入れるクリニックは日本でもまだ少ないと思うので、貴重ですね。さらにHSPの臨床医というのも珍しいと思います。

帯広には以前も発達障害者の就労拠点ができたというニュースがありました(北海道の帯広市に発達障害者の就労拠点「幸福村」が開村

帯広は、日本の中でも、発達障害の人たちの治療や就労の拠点になりつつあるのかもしれません。

クリニックのオープンは9月からだそうです。もしかしたら全国から問い合わせがるかもしれませんね。

またこのクリニックには10~30代の女性専用の民間自立ホーム(下宿)も併設しているそうです。7万円以下(食事込み)で女性の自立をサポートするそうです。

問い合わせ先は、クリニック(0155・21・2211)、自立ホーム(0155・67・6055)とのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク