子供のADHDを示す7つのサイン

ADHDの子どもの特徴は多様で、気づくのがなかなか難しいようです。そこで子供のADHDに共通するサインを7つ紹介します。

スポンサーリンク

1.「自分にばかり意識が向く」

ADHDの子どもに共通するサインは、他の人のニーズや欲求を認識することができないことだそうです。

ADHDの子どもはほかの人が話をしているときに邪魔をしたり、教室で自分の番を待っている間やほかの子供と遊んでいる間にトラブルを起こすことがあるそうです。

2.「感情的」

子供のADHDは、感情を一定に保っておくことがなかなかできません

突然怒りを爆発させたり、かんしゃくを起こしたりするのです。(小さな子供ほどそうです)

3.「落ち着きがない」

ADHDの子どもはじっと座っていることができないことが多いそうです。

座っていなければいけない場面で立ち上がったり、走り回ったり、落ち着きがなくなるのです。

4.「仕事を最後まで終わらせられない」

ADHDの子どもはたくさんのことに興味を持ちます。しかし飽きずに最後までそれをやり通すことができないことが多いそうです。

たとえば、宿題などを始めたとします。しかしそれを途中でやり残したまま、新しいことに興味が向いてしまい、中途半端のままになってしまうのです。

5.「集中力が欠けている」

子供のADHDは集中力が欠けていることが多いそうです。

直接話しかけられている時でさえそうです。彼ら/彼女らは「聞いている」と言うかもしれませんが、実際に何を話したのかを聞いても、彼ら/彼女らは答えることができないのです。

6.「注意力が欠けている」

ADHDの子どもは他の子供よりも怠惰であったり、知能が低いわけではありません。

ただ計画を立てたり、計画を実行するように言われても、その指示にしたがうことができないのです。そしてそれがささいなミスを引き起こしてしまうのです。

7.「空想家」

ADHDの子どもの一般的なイメージは、やんちゃで大声を出すような子どもかもしれません。しかしADHDの子どもの特徴はそれだけではありません。

ほかの子どもよりも静かで人と関わろうとしないことも、ADHDのサインです。ADHDの子供は宙を見詰め、空想をし、周りに起こっていることを無視することもあるのです。

参考記事:7 Signs of ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ