ADHDの人が強みを生かせる職業の特徴

対人苦手リンク

ADHDの人は、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことが仕事での成功の鍵だそうです。

自分の苦手なこと、弱点に大きく依存することの多い仕事よりも、得意なことが多い仕事をしたほうがよいと言うことかもしれません。

そこで、ADHDの人が仕事を探すうえで参考になる、強みを生かせる職業の特徴をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「構造化された仕事(やることが明確に決まっている仕事)」

ADHDの人は、仕事の指示や手順、内容が明確に決まっている「構造化された仕事」を選ぶとよいそうです。

仕事の中には、それとは真逆な、明確な指示がなかったり、自分でやることを考えたりするような、自由度の高いものもありますよね。そのような仕事はADHDの人に向いていないそうです。

たとえば、ソフトウェア会社に勤めるADHDの人は、厳密なチェックリストに従い、技術的な手順を何度も繰り返す仕事をしているそうです。このような仕事だと問題なくできるそうです。

構造化された仕事の例としては、データ処理や、工場の組立ライン、品質管理などの仕事があります。

2.「ペースの速い仕事(変化の多い仕事)」

ペースが速く変化の多い仕事もADHDの人の強みを生かせる仕事だそうです。ADHDの人の多くは「思考が絶えず動いている」からだそうです。

たとえば、デイケアや幼稚園、大手書店で働くADHDの人は、ペースが速く変化の多い仕事に満足しているそうです。

このような仕事の例としては、医師や看護師、ハウスキーパー(家政婦)、出版、教師、販売、スポーツコーチなどがあるそうです。

3.「起業家的な仕事」

ADHDの人は起業家的な仕事にも向いているそうです。

ADHDのある起業家は多くいます。たとえば、ヴァージングループの創設者であるリチャード・ブランソン氏や、ジェットブルー航空の創設者であるデビッド・ニールマン氏、キンコーの創設者であるポール・オルファレア氏、IKEAの創設者であるイングヴァル・カンプラード氏などです。

4.「クリエイティブな仕事」

研究によると、ADHDの人は創造性が豊かな人が多いことがわかっているそうです。そのためクリエイティブな仕事に向いているそうです。

クリエイティブな仕事の例としては、ミュージシャン、アーティスト、ダンサー、エンターテイナー、発明家、教師、建設、メカニック、グラフィックデザイナー、インテリアデザイナーなどがあります。

ただし、一般的にこれらの仕事は生計を立てることが難しいようにも思われます。

「まとめと感想」

以上です。また、ほかに「興味関心の持てる仕事」や「緊急性のある仕事(救急救命士、消防士、看護師など)」も向いているそうです。

これらの職業の特性を見ていくと特徴が反対のものもあります。

たとえば、「構造化された仕事(やることが明確に決まっている仕事)」と「ペースの速い仕事(変化の多い仕事)」や「起業家的な仕事」は、その特徴が真逆のようにも思えます。

ですから、同じ「ADHD」の人でも、個性などによってその強みを生かせる仕事は大きく違うということなのかもしれません。

ADHDの人に向いていると言われる仕事を探すのも大切ですが、まずは自分個人の特性をきちんと理解することが大切なのかもしれません。

また、それでもADHDの人の仕事探しで共通すると思われるのは、最初に書いたように強みが生かせ弱みに大きく依存しない仕事なのかもしれません。

といってもなかなか難しいですが。

また、「ハタラクティブ」(ブランクのある人など向け)や「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」(障害のある人向け)などの就職・転職サービスもあります。

参考記事:6 Best Job Attributes for Adults with ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ