カフェインとADHDの関係は?

カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココア、などに含まれている刺激物です。

カフェインは脳にどのような影響を与えるのでしょうか?

適切な量のカフェインは集中力を高めるのを助けますが、カフェインをとりすぎると、神経が過敏になり、不安やイライラの元となります。

ただしADHDの人の脳は普通の人とは異なるため、カフェインが与える影響も普通の人とは異なり、より複雑だそうです。

そこでカフェインがADHDの人に与える影響を紹介します。

スポンサーリンク

「カフェインは身体を刺激する」

「カフェイン」は刺激物です。

カフェインは身体の神経システムを刺激し、脳の中の「ドーパミン」と呼ばれる化学物質を増やします。「ドーパミン」は人の集中力をコントロールする働きがあります。

またカフェインの刺激は、人に元気を感じさせ、疲労を忘れさせます。

しかし、カフェインにはマイナスの効果もあります。

たとえばうまく眠れない症状のある人は、カフェインを摂取することでさらに眠れなくなる可能性があるのです。

「睡眠を減らす効果」

カフェインは「睡眠不足の原因」になります。

人は睡眠が減るとADHDのような症状が起きます。以下のような症状です。

  • イライラ
  • 記憶力が悪くなる
  • 集中できない、じっと座っていられない
  • 感情をコントロールできない

睡眠不足はADHDの人の症状をさらに悪化させます。

睡眠不足を避けるために、カフェインをとるのは朝だけにしたほうがいいでしょう。夕方か夜遅くにコーヒーやお茶など、カフェインの入ったものを消費するのは避けるべきです。

「脳の血流を減少させる」

カフェインはまた、「血管収縮薬」の役割も果たします。すなわち、血管を小さくさせ、血流を減少させるのです。

また、ADHDの治療で使用される「アンフェタミン」も血管を小さくさせます。カフェインはADHD治療薬と同じような働きをするのです。

正確な理由はわかりませんが、血流を減少させることは多動性を司る脳の部分の活動を減らす助けとなります。そして脳のより良い働きを可能にし、脳の残りの部分と協力することができるようにします。

「集中力を高めるためのにカフェインを使用できる?」

脳内の「ドーパミン」は、人が集中するうえでとても重要です。

カフェインやアンフェタミンのような刺激物はドーパミンの量を増やします。

普通の人の場合、刺激物が加わると、ドーパミンの量が増えすぎてしまい、興奮状態になったり、心が不安定な状態になったりします。

しかしADHDの人の場合は、刺激物を加えると、ドーパミンの量が正常になります(もともと少ないからです)。ADHDの人は一日数杯のコーヒーを飲むだけで本当に症状が違ってくるのです。

ある研究によると、ADHDの人がカフェインを摂取すると集中力が高まるそうです。カフェインはADHDの治療薬と同じような働きをするのです。

しかし、カフェインそれだけではADHD治療薬よりも効果は少ないです。また子どもや10代の若者がカフェインを摂取すると、害になる場合があります。

子どもや10代はコーヒーなどを控えたほうが良さそうですね。

「カフェインとADHD治療薬を併用したら?」

「カフェイン」と「アデロール」のようなアンフェタミン系の薬を組み合わせると、「シナジー効果」が生じます。

「シナジー効果」とは、2つの薬の相乗効果で、より強力な効き目が生じることです。カフェインはアンフェタミンをより効果的にします。

したがって、たとえばアデロールを服用した人がカフェインを摂取すると、さらに強力な効果を感じられるでしょう。しかしそれはまた、大きな副作用があることも意味します。

カフェインと薬の併用は効果も大きいですが、その分副作用も大きいので、できれば避けたほうが良いのかもしれません。

「カフェインの危険性」

カフェインを大量にとりすぎると危険です。コーヒーのとりすぎは、以下の症状を示します。

  • 動悸
  • イライラ
  • 不安
  • 不眠症
  • 筋肉の震えや揺れ
  • 胃の調子を悪くする

また、薬物療法とカフェインを組み合わせると、副作用も二倍になります。不安や睡眠障害、吐き気、胃の痛みが生じる場合があります。

もし不安やうまく眠れないなどの症状があるなら、カフェインのとりすぎかもしれません。

薬物療法とカフェインを併用する場合は、胃の痛みを抑えるような食べ物も一緒にとったほうがいいでしょう。もし吐き気が続くようなら医者に相談しましょう。

「コーヒーの影響は、人それぞれ違う」

ADHDの症状や治療法が人それぞれ違うように、カフェインが与える影響も人それぞれ違います。

ADHDの人の中にはカフェインが助けになる人もいるでしょう。また一方では、カフェインが全く役に立たないという人もいるでしょう。

カフェインを飲んだら体の調子はどうなるのかをチェックして、自分にとって最適なカフェインのとりかたを、医者にも相談しながら見つけましょう。

私自身はコーヒーが大好きなのでよく飲んでいます。眠れなくなることもたまにありますが、特に大きなマイナスの影響はありません。今後も飲んでいきたいと思います。

「カフェインの摂取の仕方は?」

カフェインはコーヒーやお茶などから摂取するのが一般的ですが、現在はカフェインの錠剤も販売されていますね。

お医者さんなどに相談して、自分に合うカフェインの摂取の仕方を見つけると良いかもしれません。

参考記事:Caffeine and ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ