ADHDの子供は痩せた子が多い?

子ども

最近の研究で、ADHDの子供には痩せた子が多いことがわかったそうです。

注意欠如・多動性障害(ADHD)は、集中力が欠けたり、じっとしていることが出来ないなどの症状がある病気です。子ども、特に男の子に多く見られることも特徴です。研究チームは、幼児期の子どもを対象に、ADHDと体格の関係性について報告しました。

420人の子供を調査したところ、ADHDの子供(男の子)は2歳と4歳の時に標準体重よりも軽かったそうです。

この研究から、ADHDではない子どもと比較して、調査時にADHDがある子どもは2歳と4歳のころに体重が標準に対して軽かったことが示されました。

ADHDになりやすい子どもには、体重変化を起こすような習慣などがあった可能性も考えられます。今後の研究から、ADHDと体格の関係について解明がされていくことを期待しましょう。

ADHDの子どもはもっと小さいころ痩せていた?

記事にもあるように、「ADHDになりやすい子どもには、体重変化を起こすような習慣などがあった可能性」もあるかもしれません。単純に考えるとあまり食事をとらない、栄養不足などでしょうか・・・?それがADHDにつながる要因となったのでしょうか・・・。ただしまだはっきりとしたことはわかっていないのでなんともいえないですね。

また今回の研究対象は「男の子」だけなので、「女の子」の場合はまた違った結果になってくるのでしょうか。そちらも気になります。今後の研究を期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク