北アイルランドの町ニューカッスルが、自閉症に優しい町を宣言

対人苦手リンク

北アイルランドにあるニューカッスル(Newcastle)という町が、「自閉症の人に優しい町宣言」を行ったそうです。

EVERYDAY sights, lights and sounds are normal stimuli that, in a shop, school or business environment, rarely register with most of us.

ニューカッスルでは、自閉症の人が安心して過ごせるような環境作りがなされているようです。

具体的には、蛍光灯の光を落ち着いたものにする、お店の音楽のボリュームや公衆トイレの水の流れる音を静かにする、壁や床のタイルの色や模様を抑える、蛇口から出る水の温度を調整する、またはお店の中に「静かにできる場所(quiet corner)」を設置する、などです。

これらのことは普通の人にはなんでもないことですが、自閉症の人には刺激が強いためのようです。町の人は「自閉症の人にとって親しみやすい場所なら、誰にでも親しみやすい」と理解しているそうです。

ほかに、自閉症の子どもが自転車に乗る方法を学ぶためのプログラムを行う計画もあるそうです。

ニューカッスルでは、自閉症の人をサポートするために、新たに90人が雇用されているそうです。

このような取り組みが世界に広がればいいと思います。

参考記事:Newcastle declared Northern Ireland’s first autism-friendly town

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2