ADHDの人は「アサーティブ」の練習が必要!?なぜADHDの人にアサーティブが重要なのか

対人苦手リンク

ADHDの専門家によると、ADHDの人が健康的に生活するためには「アサーティブ」のスキルが重要です。

「アサーティブ」とは「他の人を傷つけずに、しっかりと礼儀正しく自分の意見を主張すること」を意味します。またアサーティブジャパンというサイトの定義は以下になっています。

「アサーティブ(Assertive)」の訳語は、「自己主張すること」。しかし、アサーティブであることは、自分の意見を押し通すことではありません。自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、誠実に、率直に、対等に表現することを意味します。

参考記事:アサーティブジャパン | アサーティブとは

日本では特に自己主張をあまりしないことが美徳とされる部分があります。しかし自己主張をしないでずっといるとストレスがたまりませんか?特にADHDの人の場合は問題が多いようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

なぜADHDの人にアサーティブが重要なのか

ADHDの人が「アサーティブ」を学んだほうがいい理由の一つは、ADHDの人が怒りを爆発させることを減らせるからです。怒りはADHDの人に共通の問題です。アサーティブを覚えれば、怒りを爆発せることは減らせます。

また多くのADHDの人は自分に自信がなく、周りの人を失望させていると感じています。したがって自分の感情や欲求は抑えてしまいがちです。ADHDの人は通常「自己犠牲」モードでいることが多いのです。

しかしこれは危険です。怒りは陰で徐々に成長していき何かのきっかけで大きく爆発するからです。もちろん怒りを爆発させない人もいます。そういう人たちは代わりにうつや不安、停滞感を感じるのです。もしアサーティブを練習して適切に自己主張ができたら、怒りを爆発させたりうつになることはありません。

アサーティブを行うことで得られるメリット

1.あらゆる状況で自分のことを自分で管理できる感覚
2.他の人とつながる感覚。怒ったり恐れたりすることなく
3.ストレスの減少
4.身体的健康の増加
5.精神的健康の増加 例:うつ状態の減少
6.生活で関わる人との関係の改善
7.人と衝突することが減る
8.怒りを爆発させることが減る
9.自分と違う意見の人を認められるようになる
10.無視されたり軽く扱われることがなくなる

アサーティブコミュニケーションのためのヒント

「自分の感情をはっきりさせる」

コミュニケーションを開始する前に、今現在どのように感じているのか、感情をはっきりさせる。ADHDの人の中には自分の感情に自信がない人がいる。「今感じている感情は本物なのかどうかわからない」そういう人もいる。アサーティブになるとは、自分の感情に自信を持つことでもある。

「主語は「私」」

主語は「あなた」よりも「私」を使う。他人を非難するのが目的ではない。自分はどのように感じているかを伝える。たとえば「あなたのせいで~と感じた」ではなく「私は~と感じた」とする。

「非言語的コミュニケーション」

非言語的コミュニケーションを使う。相手の目をしっかり見つめる、オープンな姿勢を相手にとる。

「はっきりした声で穏やかに」

はっきりした声で穏やかに話す。叫んだり、怒ったり、ぼそぼそ話したりはしない。

「人の話を聞く」

他の人の話を聴く。たとえ気に入らないことがあっても。

「自分の欲求」を守る

アサーティブネスの目標とする鍵の一つは、「自分の欲求(needs)」を他の人から無視されたり軽く扱われたりしないよう、しっかり守り要求すること。

アサーティブスキルの練習を始めると、何が自分にとって普通の状態かがわからなくなるかもしれません。恐れさえ感じるでしょう。しかし最終的にはするだけの価値のあるメリットがあるのです。

参考記事:ADHD and Assertiveness

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ