アスペルガーの人はサブカルチャーに関わる人と付き合うと良い?

対人苦手リンク

アスペルガーの人と定型発達の人は、思った以上に違うところが多いようです。

そのため、アスペルガーの人は定型発達の人と付き合うのに苦労することが多いです。

『アスペルガー流人間関係』という本では、「(アスペルガーの人は)自分にとって不自然な社会システムには距離を置き、自分の気持ちが惹かれるところに行く」ことが提案されています。

その例の1つが、サブカルチャーに関わる人と付き合うことです。サブカルチャーに関わる人は、どこかアスペルガーの人と似ているところがあり、付き合いやすい人が多いようです。

私はいつも「へんてこさ」に惹かれ、サブカルチャーに関わる人たちに惹かれてきました。それだけでなく彼らも私に惹かれていました。変人たちの狭い世界に住む人たちに会うといつも、必ず仲良くなれるのです。

パンク、ヒッピー、ニューエイジ、変人、奇人、誰にでも自分と何かしらの共通項が見つかるのです。もちろん、全員にというわけではありませんが、彼らの中に私と同種の人が見つかる傾向があるのです。寛容で、開けっぴろげで、因習や社会の風潮を気にしない人たちでした。誰が何を考えていようとまったくどうでもいい人たち。

p172

サブカルチャーは、もとは「主流の文化(メインカルチャー)に反する個人のグループ」という意味です。支配的なメインカルチャーとは別の、一部の人達によって担われる独自の文化ですね。

具体的には、ロック音楽や、オタク文化などがサブカルチャーに含まれるようです。

アスペルガーの人も、定型発達者がメインの世界ではマイノリティですから、どこか通じるところがあるのかもしれません。

ただし、サブカルチャーはあくまで例です。アスペルガーの人の中には苦手な人もいるでしょう。

大切なのは、自分の気持ちが惹かれるところに行くということだと思います。それは何でも構いません。何に気持ちが惹かれるかは、人によって異なるでしょう。

上にも書いたように、「自分にとって不自然と思われるところ(多くは定型発達者の世界)には距離を置き、自分の気持ちが惹かれるところに行く」ことがアスペルガーの人の処世術として役に立つのかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2