新聞配達の仕事はADHDやアスペルガーの人に向いている?

対人苦手リンク

新聞配達の仕事は、ADHDやアスペルガーの人に向いているのでしょうか?

知り合いの話やネットなどを参考に、メリットとデメリットを考えてみました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「新聞配達のメリット」

1.「対人関係が少ない」

新聞配達の仕事は対人関係少ないので向いている可能性があります。

特に対人関係が苦手なアスペルガーの人には良いのではないでしょうか。また、社会不安障害のある人が対人関係が少ないという理由で新聞配達の仕事をしているケースがありました。

基本的に新聞を配るのが仕事なので、仕事中は人と接することは少ないと思います。新聞を配る家の人や、新聞配達所の上司や同僚と接するくらいでしょうか。

しかし、集金の仕事は対人関係が辛い場合があるので、向いていないかもしれません。

純粋に新聞を配るだけであれば、向いている仕事のように思えます。

2.「適度な運動になる」

発達障害の人には運動が良いとよく言われます。運動をすると症状が改善する場合があるようです。

その点でもADHDやアスペルガーの人に向いているようにも思えます。また、運動も非常に辛いものだと長続きしない可能性もありますが、適度なものだと思うのでそれも良いように思えます。

3.「労働時間が短い」

また、労働時間も短いのも良いと思います。私もそうなのですが、オフィスなど、1つの場所に8時間以上ずっといるというのは、それだけで気が滅入ってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、新聞配達であれば、一回の労働時間は短いと思います。朝刊であれば1:30~5:00前後が労働の時間になるようです。8時間より短いのでこれも良いと思います。

4.「単純作業」

また、新聞配達の仕事は単純作業が多いです。毎日同じことを繰り返す場合が多いです。ですから、単純作業をするのが得意な人に向いている仕事のように思えます。

「新聞配達のデメリット」

1.「朝が早い、毎日決まった時間」

朝刊を配る場合は、朝が早いのが特徴です。おそらく深夜の1時半から2時くらいが出勤の時間になります。また、毎日決まった時間になるのが特徴です。

朝が弱かったり、夜型の人や、規則正しい生活ができないという人には辛いかもしれません。

2.「地図を覚える必要がある」

新聞配達の仕事は、配達する場所を覚えなければいけません。地図を読むのが苦手な人は辛いかもしれません。もし間違った場所に配達してしまうと、クレームの対象になります。

3.「単純作業」

また、単純作業が苦手な人には向いていないかもしれません。毎日同じことの繰り返しに退屈してしまったり、飽きてしまう人には辛い仕事かもしれません。

4.「体力が必要」

また、体が弱い人も大変かもしれません。厳しい肉体労働ではありませんが、それでも体力はある程度必要でしょう。また、雨の日や雪の日も変わらず配達しなければいけませんので、それも辛い場合があるでしょう。

ですから、すべての発達障害の人に向いている仕事というわけでもないと思います。

その点は自分の特性と照らし合わせて考えたほうが良いかもしれません。

また、お給料もそれほど高くはないと思うので、これだけで生計を立てるというのは難しいかもしれません。

まとめ

以上です。まとめは以下です。

  • 新聞配達の仕事は、対人関係が少ない、適度な運動ができる、労働時間が短いので、ADHDやアスペルガーの人に向いているかもしれない。
  • 集金の仕事は対人関係があるので向いていないかもしれない。
  • 朝が弱い、規則正しい生活ができない、地図を読めない、単純作業が苦手な人、体が弱い人は向いていないかもしれない。

新聞配達の仕事は「フロム・エー ナビ」などで探せます。

また、「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」などで障害のある人を対象とした求人を探すこともできます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ