誰でも気軽にできる、不安感を和らげる方法

最近心の状態が不安定になることはありませんか?

そんな不安になることが多い人におすすめの、不安感を和らげる方法を紹介します。

誰でも気軽にできるので、不安に襲われそうになったら試してみるのをおすすめします。私も日々実践しています。

スポンサーリンク

1.「深呼吸をする」

これは知っている人も多いかもしれませんね。時間をかけて息を吸い込んで吐き出すと、不安を和らげることができるそうです。

特に腹式呼吸は脳に酸素を供給し、神経を刺激して身体をリラックスさせる効果があるそうです。

腹式呼吸での深呼吸は私もよくやっています。

2.「温かくする」

研究によると、人は温かさを感じると、自然と気分が安らぐそうです。

よく考えてみれば、これまでにビーチで日光浴をしているときや、お湯につかっているときに不安を感じたことはありますか?あまりないですよね。

研究によると、温かさの感覚が脳の回路を変化させるためだそうです。また、サウナに入った後は不安感が減少するという研究結果もあるそうです。

不安を感じたら、お風呂やサウナに入ったり、日光浴をすると良いのかもしれませんね。

3.「自然の中で過ごす」

スタンフォード大学の研究によると、人は自然の中にいると不安が減るそうです。

また緑の多い場所で時間を過ごすと、うつ病などの精神病の発症に関係する脳の部位の活動が減少することを示す研究もあります。

研究者らは自然の中で過ごすことで、心理状態が悪化したときに起こる過剰なネガティブ思考を抑える助けになると考えています。

4.「カモミールティーを飲む」

神経が過敏になっている場合はカモミールティーを飲むと良いそうです。

カモミールには鎮静効果のあることが知られているそうです。ちょうど抗不安薬と同じような効果があるそうです。

私も以前飲んだら気持ちが落ち着いたことがあります。

5.「魚を食べる」

魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、糖尿病のリスクを低下させ、心臓の健康を改善し、さらにうつ病を和らげるそうです。それに加えて、オメガ3脂肪酸は不安感を改善することを示唆する研究もあります。

またADHDの人にもおすすめとされるのをよく見ます。

6.「音楽を聴く」

オーストラリアの研究によると、ストレスの多いことをする前にリラックスできる音楽を聴くと、自律神経を和らげ、早く落ち着くことができるそうです。

ベートーヴェンやパンク・ロックなど、自分の気持ちが落ち着くものを選びましょう。リラックスできるものだったら何でも構いません。

7.「よく眠る」

研究によると、睡眠不足はうつ状態や不安の原因となります。

これは経験的にわかる人も多いでしょう。私も以前長時間労働で睡眠がなかなか取れていないときは心理状態が非常に不安定になりました。

8.「ヨガなどで体をストレッチする」

ヨガは不安をコントロールするのに役立つそうです。

ヨガには「GABA」と呼ばれる脳化学物質を増やす効果があるそうです。不安障害などの患者はこのGABAが不足していることが多いそうです。

9.「ボランティアをする」

カナダの研究によると、社会不安に苦しんでいる人は「ボランティア活動」をするとよいそうです。

研究では、ボランティアを行った人は社会不安が減少する効果が見られたそうです。専門家によると、他の人に親切にするとネガティブな思考や感情を避けることができるからだそうです。

10.「マッサージを受ける」

マッサージは筋肉の緊張だけでなく、不安を和らげる効果もあるそうです。

11.「マルチビタミンをとる」

毎日マルチビタミンを摂取すると、疲れやストレス、さらに不安感も減るそうです。

特にビタミンBは心の状態に強く関係するビタミンだそうです。

一般的に、ビタミンとミネラルは脳が心の状態をコントロールするときの助けになるそうです。ですからもし栄養が足りていないと思ったら、ビタミンを摂取したほうがよいかもしれません。

12.「水を飲む」

意外にも思えるかもしれませんが、水は不安感を減らす助けになるそうです。心の状態が不安定な場合、もしかしたら単純に水分が足りないのかもしれません。

ある研究によると、ルームランナーで運動し軽い脱水症状になった人は、不安感も増したそうです。

参考記事:16 Ways To Relieve Your Anxiety Without Medication

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ