タクシー運転手も?アスペルガー症候群や高機能自閉症障がいの人に向いている意外な仕事

対人苦手リンク

アスペルガー症候群や高機能自閉症障がいの人に向いているという仕事を紹介します。

比較的誰にでもできそうで、意外?にも思える仕事もいくつかあるように思えます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「タクシー運転手」

アスペルガー症候群や高機能自閉症障がいの人は長期記憶が優れている人が多く、また地図全体や通りを視覚化して記憶する能力も高いそうです。そしてこれはタクシー運転手に求められるものです。

また、人とのコミュニケーションも限定されているため、コミュニケーションが苦手な人でもできる仕事だそうです。

タクシー運転手の仕事は「転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】」などで探せます。

2.「庭師/ガーデニング」

アスペルガー症候群や高機能自閉症障がいの人は、外で働くと幸せを感じる人が少なくないそうです。また、庭のデザインはクリエイティブな仕事なので、細かい間違いを指摘されることもないそうです。

また、ガーデニングの仕事は自閉症の人を癒す効果があると主張する人もいるようです。

3.「動物看護士/獣医をサポートする仕事」

自身もアスペルガーである獣医師によると、アスペルガーや自閉症の人は、人間と関わるのが苦手でも動物相手なら問題ないという人が少なくないそうです。そのため、この仕事が向いているのではないかと考えられるそうです。

4.「自動車整備士」

自動車整備士は、特に視覚的な能力に優れているアスペルガーや自閉症の人に向いている仕事のようです。この能力があれば、車のメカニズムを視覚化でき、どこを修理すればよいかがわかるからです。

また、人と接することも非常に少ないのも特徴です。

ジョン・エルダー・ロビソン(John Elder Robinson)氏がこの良い例のようです。彼は自閉症の作家で、自閉症に関する発言を行っている人物ですが、自動車整備の工場も経営しているそうです。最初は小さなガレージで始めたそうですが、それが大きな会社に成長したそうです。

5.「図書館司書」

図書館司書の仕事は、非言語性の特徴を持っていたり、できるだけ人とのコミュニケーションを避けたいアスペルガーや自閉症の人に向いているようです。

この仕事は図書館利用者と接することもありますが、決まりきったものなのでそれほど苦労しないようです。

6.「統計の専門家」

アスペルガーや自閉症の人の、細かい部分が気になったり、ミスが耐えられなかったりする特徴が、統計の専門家の仕事に向いているようです。

また、多くの企業では統計の仕事をする人を必要としており、仕事の需要が高いこともメリットの1つのようです。

発達障害の自分の育て方』という本の著者である岩本友規さんも、データアナリストとして表彰も受けたことがあるそうです。

まとめ

以上です。上にあげた仕事は、比較的誰にでもできる仕事のような気がします。私の場合は、図書館司書が向いているような気がします。自分に照らし合わせて適職を選ぶと良いのではないでしょうか。

また、ほかにも「会計士」や「プログラマー」「ジャーナリスト」も向いている仕事のようです。

また、「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」などでは、障がい者向けの仕事を探せます。

参考記事:Best Jobs for Adults with High-functioning Autism or Asperger’s Syndrome

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ