大人のひきこもり、ひきこもった日数は平均「22」年

最近、大人のひきこもりが問題になっています。

最新の調査によると、40歳以上のひきこもりの人が引きこもった日数は、平均にして22年だそうです。

40歳以上の「ひきこもり」に関して民間団体が行った初の実態調査で、ひきこもりが長 - Yahoo!ニュース(読売新聞)

ひきこもりの平均期間は22年に及び、一度は行政や病院の支援を受けたのに、その後に途絶えていたケースが半数に上った。

大人のひきこもりの人の多くが、20年以上ひきこもっている人が多いということですね。10歳でひきこもったとすると30歳以上、20歳でひきこもったとすると、40歳以上になるということです。人生の大半がひきこもり生活になるということでしょうか。

またこのようにひきこもりが長期化しているため、行政や病院の支援が途絶えている人が多いそうです。しかし支援が途切れると、ますますひきこもりが長期化する可能性が高いようにも思えます。

何かしらの支援が必要になってくるのかもしれませんね。今後の調査や支援がさらに期待されます。

参考記事:「大人のひきこもり」平均22年、支援途絶える

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク