大人のADHDの(主婦/主夫)の人は「食洗機」を使ったほうがいい!?

ADHDの人の特徴の一つに、「掃除や片付けが苦手」があります。

ADHDの主婦/主夫の人の場合、掃除や片付けが仕事の一つなので、苦労するかもしれません。

食器洗いが苦手な人も多いでしょう。

専門家の人は、「食洗機を使う」ことも、ADHDに対処する一つの方法だと提案しています。

ハードルを1段下げることも大事です。たとえば食器洗いが苦手な人は食洗機を買うなど、手抜きでいいと考えることです。女性の場合、苦しんでいるのはご主人の理解がないとか、姑からこんなこともできないのと言われたりする場合が多いのです。そういった場合は、最低限ここまでやってほしいけれど、あとは仕方ないと、周りが理解して、期待のハードルを下げるということが大事です

参考記事:「大人のADHD」から解放されるための簡単な対処法10

ADHDの人はできることの「ハードル」を下げることが大切なようですね。

「食洗機」を使用してもいいから、最低限できることをしていったほうがいいということですね。また食器の数を減らし、「ワンプレート」にすることも提案されています。

ちなみに「食洗機」は10万円以下で購入できるようです。

スポンサーリンク

ADHDの人は「ハードルを下げて」気分の落ち込みを防ぐ

ADHDの人は、ハードルが高くなるとできないことが多くなり、気分が落ち込んでしまうことも多くなるでしょう。そうするとますますADHDの症状が悪化しかねません。

ですからできないことに目を向けるのではなく、少しでもできることに目を向けたほうがいいのでしょう。

あとは周囲の人の理解をどれだけ得られるかが重要ですね。

参考記事:「大人のADHD」から解放されるための簡単な対処法10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ