大人のADHDの人は職場が苦手?

ADHDの人は、失業中だったり、正規雇用になかなかつけなかったり、仕事を転々としている人も少なくないようです。これはADHDの症状が原因の一つのようです。

ADHDの人の職場での仕事のパフォーマンスを実験したアメリカの研究によると、ADHDの人は職場で仕事を終わらせることが非常に難しいことがわかったそうです。

スポンサーリンク

「ADHDの人とADHDでない人が職場環境で8時間労働を行い、パフォーマンスを比較」

研究では、18歳のADHDを持つ人とADHDではない人が、「職場で8時間働く」という、「8時間労働のシュミレーション」の実験に参加しました。実験の間ADHDの人は薬を服用することが止められました。

参加者は学校の教室の机に似たものに座り、様々な作業を行いました。内容は、文章読解、数学や論理の問題を解く、動画を見る、作文です。

その結果、ADHDの人は(ADHDではない人と比べると)文章を理解したり、数学の問題を正確に解いたりすることが非常に難しいことがわかりました。

一方で、動画の内容を理解したり、文章を書くことについては問題がありませんでした。しかし課題をこなしている間は、苦しくなったり、不注意状態になったり、そわそわしたりしたそうです。

「上司が見たら「仕事ができない」とレッテルを貼られるかも?」

ADHDの参加者を観察していた人はすべて、ADHDの人の「多動性」と「落ち着かない様子」が確認できたそうです。研究者によると、もしこれが本物の職場で、上司がADHDの人の様子を見ていたら、マイナスになる可能性が高いと話します。

ADHDを理解していない上司の場合、職場でのADHDの人の行動がさっぱりわからないことも多く、結局、ADHDの人は「仕事のできない落ち着かない人間」だというレッテルを貼られてしまう可能性があるでしょう。

アメリカの研究者によると、ADHDの人の多くが、実際に失業中や、非正規雇用、仕事を転々としているそうです。研究によると、アメリカでは、ADHDの人が不安定な仕事の状況のため、1年間で平均1万ドル(100万円)の収入減を経験しているそうです。アメリカ全体でみると、約800億ドルの損失となる計算だそうです。

「ADHDの人は、決まりきった仕事が苦手?」

ADHDの大人は、「決まりきった(構造化された)仕事」が苦手な傾向があるそうです。

研究者の中には、大人のADHDの人に向いている仕事は、「ジャーナリスト」と「救命救急センター」だという人もいます。

締め切りのプレッシャーや、絶えず課題が移り変わる職業(ジャーナリストや救命救急センター)は、興奮状態を生み出すそうです。これは「リタリン」というADHDの治療薬と同様の効果が得られるそうです。

「退屈」はADHDの人に「有害」だそうです。退屈を感じない仕事のほうが、ADHDの人には向いているということかもしれません。

ADHDの人の仕事探しに関しては、こちらの記事(大人のADHDに向いている仕事10選大人のADHDが就いてはいけない10の仕事)も参考になります。

どちらにしても、従来の「普通の人」が働く職場環境では、ADHDの人の多くは働きにくいのかもしれません。

転職サービスを利用するの一つの方法だと思います。専門のカウンセラーがいるので、その人たちに相談すると、自分に合った仕事や会社を紹介してくれます。

たとえば「障がい者の転職求人情報アイエスエフネットジョイ」(障がい者向け)などがおすすめです。

参考記事:Workplace May Overwhelm Adults With ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ