大人のADHDに向いている仕事15選

大人のADHDの人は、仕事で苦労する人が多いようです。仕事ですぐにクビになったり、仕事を転々としている人も珍しくありません。

大人のADHDの人が仕事を選ぶうえで大切なことの一つは、「適正に合った仕事」を選ぶことだと思います。そこで大人のADHDの人に向いていると言われる仕事をいくつか紹介します。

大人のADHDの人は独特の強さを持っています。その強みを武器にできる仕事を選ぶことが成功の鍵だそうです。

以下の記事「6 Best Job Attributes for Adults with ADHD」と「8 Dream Jobs for the Easily Bored and Consistently Creative」を参考にしました。

スポンサーリンク

1.「警察官と消防士」

job_police_man

大人のADHDの人は刺激を求める傾向にあります。単調な生活に退屈してしまうのです。

それで大人のADHDの人には「警察官」と「消防士」が向いています。警察官と消防士という仕事は、同じ日が2日とありません。

2.「医者と看護士」

nurse_nocap

ADHDの人はテンポが早く緊張度の高い環境で仕事をするのが上手です。

したがって、医者と看護士はADHDの人に向いている仕事です。

看護師の仕事は「転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】」などで探せます。

3.「販売員」

job_telephone_operator

大人のADHDの人は会話に優れている場合が多く、人と会話しないと欲求不満がたまりやすいです。

したがって販売員の仕事はADHDの人に向いている仕事です。

4.「アーティストや芸能人」

tv_show

「アーティスト」や「芸能人」として成功するには物凄いエネルギーが必要となってきます。

たいていの人は消耗して疲れ果ててしまいます。しかしADHDの人は違います。大人のADHDの人が持つエネルギーはクリエイティブな世界で成功する力となるのです。

5.「軍隊」

heitai

「軍隊」は秩序と規律が重んじられる世界です。

一見、軍隊はADHDの人にとって最も合わない場所のようにも思えます。

しかしADHDの人の中には、軍隊がとても合う人がいるのです。軍隊での激しい精神と肉体のトレーニングが、ADHDの人にとっては良いようです。

6.「起業家」

kigyou_business_man

ADHDの専門家によると、ADHDの人が情熱を持てる場にいる時、とても生き生きするそうです。

ですから自分で情熱を持てるビジネスを行う起業は、ADHDの人にとって向いている仕事となるでしょう。

7.「歩合(制)販売員(営業)」

sales_eigyou_man

歩合(制)販売員の仕事は、常に外を出歩き、新しい人と出会う仕事です。

いわば常に動き続ける仕事です。

9時から17時まで時間がきっかり決まっている仕事ではありません。そしてそれがADHDの人には向いているのです。

ADHDの人が成功できるだけの柔軟性と自分だけの世界を適切に与えてくれるからです。

8.「機械工」

car_syaken_seibi

毎日することが違い、批判的な思考スキルと顔を付き合わせたコミュニケーションが必要とされるのが機械工です。

これはデスク作業が苦手なADHDの人にとっては、完全に天職と呼べる仕事です。

9.「建設作業員」

kougu_bako

「仕事の内容」がはっきりしていることや、忙しくて退屈しないことがADHDの人に向いているそうです。

10.「配送のトラック運転手」

job_truck_untensyu

「どこに・いつ・誰に」ということがはっきりしているので、トラック運手はADHDの人に向いているそうです。

11.「先生」「保育士」

job_teacher_man

大人のADHDの人は、学校の先生や塾の講師、または保育士など、子どもと直接触れ合う仕事を楽しく感じます。これらの仕事は、ADHDの人の個性や創造性を生かせる仕事なのです。

塾の仕事は「【塾講師JAPAN】」などで探せます。

12.「ジャーナリスト」

大人のADHDの人は、ジャーナリストの仕事を、エキサイティングで、クリエイティブで、報酬に見合った仕事だと感じます。

ジャーナリストの仕事は、常に変化し、多様な人と交流を持ち、短い時間で結果を出す仕事です。これらの特徴はADHDの人の性格に合っています。

ただし締切が厳しい仕事なので、その点はADHDの人にはマイナスとなります(ADHDの人は締め切りを守るのが苦手)。

13.「料理人」

cooking_chef

大人のADHDの人は「料理人」の世界に入る人が少なくありません。

この仕事は「創造性」があり、かつADHDの人のマイナス面があまり影響しないのです。

料理の仕事は、手元の作業に集中し短い時間で料理を完成させます。長期の計画を立てることや、多くのワーキングメモリーは必要とさせれません。

時間も比較的フレキシブルで、散発的に忙しいときとそうでないときが交互に続くので、仕事への注意力と集中力を保つことができるのです。

14.「美容師」「ヘアスタイリスト」

job_biyoushi

「美容師」や「ヘアスタイリスト」は、常に新しいお客さんを相手にする仕事です。そしてそれぞれのお客さんに対して、創造的な仕事を短い時間で行います。

一日中自分一人で仕事を行うこともあり、また次々に素早くお客さんの対応をします。これは多動性タイプでエネルギーのあるADHDの人には理想的な環境です。

加えて、絶え間なくお客さんが来るので、多くの人と交流ができ、仕事もすぐに変わるので、退屈することはほとんどありません。

15.「ソフトウエア開発者」

job_programmer

ADHDの人にはIT系の仕事が向いていると言われています。

特にソフトウエア開発の仕事は、細かい問題を解く作業が多いので、「過集中」というADHDの人の特徴が役に立ちます。また一人で行える仕事ですし、様々な問題が出てくるので、退屈することもありません。

IT業界の仕事は「IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT」などで探せます。

また大人のADHDの人は転職サービスを利用するの一つの方法だと思います。専門のカウンセラーがいるので、その人たちに相談すると、自分に合った仕事や会社を紹介してくれます。たとえば「【ハタラクティブ】」などがおすすめです。

障がい者枠で仕事を探す場合は「登録無料!アイエスエフネットジョイ」などがおすすめです。「障がい者」の求人や転職をサポートしてくれる転職サービスです。

参考記事:10 Best Jobs For Adults With ADHD / 8 Dream Jobs for the Easily Bored and Consistently Creative

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ