ADHDの人は自然の中で過ごすと、ADHDの症状が減少する!?

対人苦手リンク

川の流れ

ADHDの人や、対人関係の苦手な人は、自然の中で過ごしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

実際ADHDの人が自然の中で過ごすと、ADHDの症状が改善されるそうです。これはアメリカイリノイ大学が行った調査で明らかになった事実だそうです。

調査によると、自然の中で20分過ごした人はADHDの症状が減少したそうです。

なぜ自然がADHDの人に良いのでしょうか?

ADHDの専門家によると、脳がリラックスできる場所に行くと、脳は休息でき、脳がリフレッシュするそうです。これがADHDの人が自然に行くと良い理由です。

都会に住んでいる人も、近くの緑のある公園に行って、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「ADHDの専門家が提案する、自然の中でできるアクティビティ」

以下はADHDの専門家が提案する、自然の中でできるアクティビティの例です。

  • 散歩
  • 自転車
  • インラインスケート/スケートボード
  • 乗馬
  • 庭の手入れ
  • ハイキング
  • カヌー
  • 釣り
  • ランニング
  • 凧上げ
  • キャンプ
  • ガーデニング
  • 犬の散歩

近くに自然がないという人もいるでしょう。そういう人は週末だけでも、自然のある場所に行くようにしたほうがいいかもしれません。大切なのは、自然に触れることを生活の一部にすることです。

もしどうしてもできないという人は、自然の映像のDVDを見たり、自然の音を聴くだけでもいいかもしれません。私も疲れたときは自然音を良く聴いています。

また「外に出ること」が重要なのではなく「緑の多い自然の中で過ごす」ということが重要です。ただ外に出たからいいというわけではありません。

小屋暮らしブームも

さらに最近は若者の間で「小屋暮らし」(対人関係苦手な人は憧れるかも?自作小屋に住む人たち・・)や「山奥ニート」(対人関係が苦手な人は「山奥ニート」がおすすめ?)もブームですね。

自分で小さな小屋を作り、そこに住んでしまう人が増えているようです。中には発達障害の人もいるようです。

私も将来的に小屋暮らしをしたいなと思っています。それをメインの住居としなくても、週末に過ごせる家みたいな感じにできたらいいなと思います。

参考記事:Nature and ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ