ADHDの人は激しく怒りやすい?ADHDと怒り

対人苦手リンク

激しい怒りを感じてどうしようもなくなるときはありませんか?

私はテレビのニュースやインターネットのSNSなどを見ていると、そうなってしまうときがあります。ですから、最近はあまりSNSを見ないようにしています。

ADHDの人は「激しい怒り」を感じることが多いようです。

もちろん、誰もが怒りを感じますし、それは普通のことで健康的な感情です。しかし、激しい怒りはその本人や周りの人に悪い影響を与える可能性もあります。

なぜADHDの人は激しい怒りを感じやすいのでしょうか?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「ADHDの人が激しい怒りを感じやすい理由は「ワーキングメモリー」が弱いから」

ADHDの専門家であるブラウン博士によると、ADHDの人が激しい怒りを感じやすいのは、ワーキングメモリーが弱いことが原因です

ワーキングメモリーには多数の情報が一時的に格納されます。ワーキングメモリーの情報を処理することで、今現在の行動の助けになるのです。

しかしADHDの人の場合、ワーキングメモリーが弱いため、多数の情報を処理する能力が落ちてしまうのです。

そのため、ADHDの人が怒りを感じると、脳全体は怒りの感情でいっぱいになってしまうそうです。他の感情は外に押しのけられてしまい、「怒り」の感情だけがあるのです。

しかし、ADHDの人でも怒りはコントロールすることができるそうです。さらに、完全に止めることさえできるのです。

怒りを減らす方法としては、怒りを感じたらそれを紙に書く、怒りを感じる原因を友人やセラピストなどと共有する、怒りを感じることを恥ずかしく思わない、SNSやニュースなどはあまり見ない、などがあります。

参考記事:ADHD and Rage

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ