ADHDの人は「スリッパの脱ぎ方」が下手?空間認識能力に問題がある人が多い

対人苦手リンク

ADHDの人は、「空間認識能力」に問題のある人が多いそうです。

以下の記事でそれが指摘されています。

具体的には、「はさみの使い方やスリッパの脱ぎ方が下手」「コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときに頻繁にこぼす」、自動車の運転中に車間距離が上手く取れない」などがあるそうです。

最近、ネット上でよく目につくようになったのが「大人のADHD」という言葉だ。ADHDは日本語では注意欠陥・多動性障害という名の病気だ。やや舌を噛みそうな単語だが、不注意、多動性、衝動性といった行動を…

「ADHDの人では、コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときに頻繁にこぼしてしまう、はさみの使い方やスリッパの脱ぎ方が下手、自動車の運転中に車間距離が上手く取れずに追突事故を起こしやすい、頻繁に車体を擦るなど明らかに空間認識能力の問題があるケースは少なくありません」(工藤医師)

私もADHD傾向があるので、何となくわかります。

特に、「スリッパの脱ぎ方が下手」というのは心当たりがあります。スリッパがなかなか脱げなかったり、脱いだらどこかに飛んでしまったりということだと思います。

また海外のデータですが、(若い)ADHDの人は自動車事故に遭いやすいというデータもあるようです。(ADHDの若者は交通事故に遭いやすい?最新の研究で明らかに

ほかに個人的にADHDの症状と関係あるのかなと思うのは、袋を開けたり、ヒモをほどいたりするのが苦手、というものです。

いつも変な感じで袋を開けてしまったり、ヒモがなかなかほどけずしまいにはそのまま引きちぎってしまったりすることがよくあります。

これももしかしたら空間認識能力と関係しているのかもしれないと思いました。

参考記事:増加している大人のADHD。はさみが上手く使えない、車体をよく擦る等は要注意!?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2