ADHDの人はなぜ孤独を感じるのか?7つの理由

対人苦手リンク

ADHDの人は、孤独を感じやすいと言われます。実際にそのようなデータもあるそうです。

孤独は、他の人とつながりがないと感じる心の状態です。孤独感によって人はうつ状態になり、孤立してしまいます。それで何かに強く依存したり、中毒になる人もいます。

それでは、なぜADHDの人は孤独を感じやすいのでしょうか?そこで、大人のADHDの人が孤独を感じてしまう7つの理由を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「自分は他の人と違うと感じる」

人と違う

ADHDの人は、普通の人よりも孤立しやすいのが特徴です。

なぜなら、ADHDの人は普通の人が経験しないような「困難」や「不満」を経験するからです。

ADHDの人は子供の頃からそのような経験を多くしているのです(たとえ子供の頃はADHDだとわからなくても)。また、ときには先生や同級生、両親も、ADHDの人を孤立させるようなことをします。

その結果、ADHDの人は大人になってからも「自分は普通とは違う」という感覚が続きます。その感覚は、ADHDの人にまるで「家の外から中を眺めている」ように感じさせるのです。

2.「コミュニケーション能力が低い」

hikikomori_toukoukyohi

一部のADHDの人は社交的ですが、ADHDの人の多くはコミュニケーション能力に困難を抱えています。

大人のADHDの人は内向的で不安を感じやすく、コミュニケーションの場で何を言い、何をしたら正しいのかがわからないのです。「世間話」をぎこちなく感じるのです。

また、大人のADHDの人は「空気を読むこと」も苦手です(例えば、ある人が会話の場から離れたとします。それは「会話の終わり」を意味しているのですが、ADHDの人はそれがわからず、その人の後をついていってしまうのです)。

または衝動的に「変な」ことを言ったり、後で自分のしたことを激しく後悔してしまうこともよくあります。

3.「周りの人々から怠け者だと思われてしまう」

nebou_man

ADHDの人の友人や家族は、しばしば、ADHDの人の行為を「不注意」や「怠け」と誤解してしまいます。

ADHDの典型的な特徴である、「遅刻」や「忘れっぽい」という特徴は、それがけしてわざとではなくても、結果的に周りの人を傷つけてしまいます。

そのため周りの人々はADHDの人の行為を「不注意」や「怠け」と考えてしまうのです。

4.「自己価値感が低い」

nayamu_girl

自分の人生を生きるには、「自分に価値がある」という感覚を持つことが必要です。この「自己価値観」があることで、初めて「友情」や「愛情関係」を営むことができるのです。

しかしADHDの人の多くは「自己評価」が低く、自分に自信がない人が多いのです。ADHDの人は、自分は人と良い関係を築くのに値しない人間だと思ってしまうのです。

5.「新しい友人を作るのが難しい」

jinmyaku_nai

ADHDの人は、新しい友人を作ることが苦手です。

もし仲良くなれそうな人と出会っても、それを「友情」に変えることが難しいのです。

ADHDの人は「コミュニケーション能力」と「自己評価」が低いので、他の人から友人になりたいと思われないのです。

6.「周りの人から批判を受けやすい」

couple_okoru_man

ADHDの人は周りの人を失望させてしまい、結果的に怒らせてしまうことがよくあります。

そして、もう周りの人に迷惑をかけないようにと、自分の殻に閉じこもってしまいがちなのです。

7.「うつ病や他の併存疾患を抱えている」

utsu_man

ADHDの人の中には、うつ病などの併存疾患を抱える人も多いです。

たとえば、「不安障害」や「依存症」などです。これは孤独の感情を強めることにつながります。

参考記事:7 Reasons Why ADHDers Feel Lonely

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ