砂糖はADHDを悪化させる?ADHDと砂糖の関係とは

砂糖好きのADHDの人は注意が必要です。砂糖はADHDの症状に悪い影響をもたらします。

砂糖は人の脳の働きに影響を与え、その結果「多動症」や「物忘れ」「疲労感」「うつ状態」などの原因になるからです。

一般的に人は「炭水化物」を摂ると、「炭水化物」は体内で「ブドウ糖(グルコース)」(砂糖の一種)に変わります。

そして(脳を含む)臓器や筋肉は、「エネルギー」として「ブドウ糖」を使用するのです。

また脳の神経細胞はブドウ糖を貯めておくことができないので、常に安定した供給が必要です。

しかしブドウ糖の脳への供給は、「多動症」と「シュガークラッシュ(低血糖症による、疲労感、うつっぽい症状など)」の原因にもなります。

特に「悪い砂糖」は大人のADHDの症状を悪化させます。

スポンサーリンク

悪い砂糖とは?

悪い砂糖は、クッキーやキャンディー、ソーダなどに入っている「精製糖(白砂糖)」です。

「精製糖(白砂糖)」はセレトニンを放出する

「精製糖(白砂糖)」を食べると、すぐに脳は多くのブドウ糖を獲得し、セレトニンが放出されます。セレトニンは幸福感を作る物質です。

ADHDの人はセロトニンが不足しており、これが砂糖に依存してしまう原因の一つです。

砂糖はシュガークラッシュの原因に

また砂糖を摂取すると、血糖値が上昇し、膵臓は大量のインシュリンを分泌させます。膵臓は必要量以上のインシュリンを分泌するので、今度は逆に血糖値を低下させてしまい、低血糖の状態になってしまうのです。

これが頭がぼんやりとしたり、脱力感を覚えたり、砂糖を無性に欲してしまう「シュガークラッシュ」の原因です。

nayamu_girl

そしてADHDの人は砂糖を摂ることで、ADHDの症状をさらに悪化させる危険性があるのです。

反対に、良い砂糖は「果物」や「複合炭水化物」から作られた、精製していない砂糖(黒砂糖や三温糖)です。

砂糖が引き起こす危険なこと

私たちの多くは、なぜか砂糖に危険性はないと考えがちです。しかし砂糖は様々な病気の原因となる、危険性のあるものです。

また砂糖は糖尿病や肥満、虫歯といったものだけでなく、他にも次のような状態を引き起こします。

・多動症
・うつ状態
・疲労
・不眠症
・気分のむら
・薬物中毒
・アルコール依存症

また「砂糖依存症」も問題です。例えばチョコレートを毎日食べていた砂糖依存症の人は、頭にもやがかかった状態になったり、物を考えるのに多大なパワーが必要になってしまいます。

また砂糖依存症の人が砂糖を控えると、禁断症状が表れる場合があります。

毎日の食事から砂糖を取り除くには

「犯人」をはっきりさせる

まずは「犯人」をはっきりさせましょう。

毎日の食事で砂糖が入っているものは何ですか?チョコレート、ケーキ、あるいは砂糖の入ったコーヒーでしょうか?犯人がわかったら、それを取り除いたり、減らすようにしましょう。

食べ物を茶色に変える

食べ物を白い物から茶色の物に変えましょう。

例えば、パンや、パスタ、米などを茶色のもに変えましょう。お米だったら白米ではなく玄米を食べるなどです。

食事は「規則正しく」

食事は規則正しくとりましょう。

食事を抜いたりしてはいけません。これは脳の血糖値を安定させるためです。

「禁断症状」に負けない

もし砂糖を減らしたことによる「禁断症状」が出た場合は、辛いですが諦めずに最後までやり通しましょう。もし心配なら医者に相談しましょう。

「メリット」に注目する

砂糖を減らすことの「メリット」に注目しましょう。

ただしもっと良いのは、メリットに「注目」するよりも、砂糖を減らしたことで得られるメリットを「楽しむ」ことです。

「果物」を食べる

ある栄養学者の人は、どうしても甘いものが欲しくなったら、「果物」を食べるのを勧めているそうです。

果物であれば、白砂糖よりも害が少ないのでしょう。

参考記事:Sugar and ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ