娘がADHDと診断されたらどうすればいい?ADHDの女の子を助ける方法

ADHDというと男性のイメージが強いですが、もちろん、女性でADHDの人もたくさんいるようです。

ADHDと診断される男の子は女の子の3倍だそうです。これは行動の違いが原因です。男の子は教室や家で反抗したり、物を壊したりします。そのためADHDであることを見分けやすいのです。それに対して、女の子は比較的「不注意タイプのADHD」の傾向があるようです。

参考記事:ADHDの「不注意タイプ」の15の特徴

不注意タイプのADHDの場合、目立った行動は少ないため親や先生にはなかなかわかりません。そのため、ただ「空想好き」の女の子とされるだけで、それが助けが必要な問題(ADHD)として認識されにくいのです。

統計によると、ADHDの女の子はうつの症状や、不安感、摂食障害、さらに自尊心の問題を抱える傾向があり、これがADHDの症状と関係していると考えられるようです。

ADHDの対策と治療方法はいくつかあります。「薬」による治療も一般的になりつつあります。ここではその他の「ADHDの女の子を助ける方法」を紹介します。

スポンサーリンク

「毎日一緒にすごす時間を作る」

毎日一緒にすごす時間を必ずつくりましょう

散歩に行ったり、ソファの上でごろごろしたりして、彼女の話を聞いてあげましょう。たいていの話は世間話や雑談でしょうが、信頼関係が生まれると、何かあった時にはすぐにそのことに気がつくでしょう。

「楽しめるスポーツを探す」

子どもが楽しめるスポーツや体を動かす活動を探しましょう。

そうすれば毎日が楽しくなります。運動はADHDの症状を改善するだけでなく、健康的な自尊心も培うことができます。

運動をする女の子は、摂食障害や問題行動を起こすことが少ないのです。

「オメガ3脂肪酸を買う」

オメガ3脂肪酸はADHDの症状を改善するのに効果的だと言われています。

「ペットを飼う」

犬などのペットを飼うことを考えてみましょう。

動物は批判しませんし、一緒にいると楽しい気持ちになります。もしあなたの娘が内向的なら、動物は自信を与えてくれるでしょう。またもしあなたの娘が運動が好きではないなら、楽しく運動ができるようになるでしょう。

「学校に伝える」

子どもにADHDの疑いがあることを学校に伝えましょう

学校に伝えれば、もしあなたの娘がADHDと診断されたときには、特別な対応をしてくれるはずです。たとえば、もしかしたら試験で余分な時間を与えることを考慮してくれるかもしれません。

もちろん、子どもたちは他の同級生と違う扱いをされるのが好きではありません。しかし、これは学校で子どものの能力を存分に発揮させるのには必要なことなのです。またその結果自信がつくし道徳心も高まるのです。

こちらの記事も参考にしてください:「女の子」のADHDの特徴は?

参考記事:Girls and ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ