ADHDの人は「退屈」しやすい?対策は?

他の人より「退屈」しやすいですか?

退屈を避けようとしてむやみに動き回ったりしていませんか?

実は「退屈」はADHDの人が最も恐れることの一つです。ADHDの人はあれこれ手を尽くして「退屈」を避けようとするのです。

退屈を感じると、そのうちすぐに体や感情にも影響を及ぼしはじめます。

たとえば、退屈しているとしだいに落ち着かなくなり、疲労を感じて気分が落ち込んでしまいます。

ADHDの人がよく行いがちな、退屈を避けるための行動には次のようなものがあります。

スポンサーリンク

ADHDの人が退屈を避けるために思わずやってしまうこと

「電話を途中で切る」

電話中、相手に待たされることがあったら、退屈して途中で切ってしまいます。

たとえそれが重要な話の途中でもです。

「何かを食べる」

退屈をまぎらわすため、お腹が空いていなくても、何かを食べてしまいます。

その結果太ってしまうことも多いでしょう。

ADHDの人は太っている人が多いとも言われています。

「話し相手を探す」

退屈して話し相手がほしくなります。

特に好きでもない相手に電話をしてしまったりします。

「夜更かしをする」

ベッドに入ってから眠りに落ちるまでが「退屈」に感じます。

そのため、完全に疲れ果てて自然と眠ってしまうまで、「夜更かし」をしてしまうのです。

「議論をふっかける」

会話に退屈を感じ、お店の店員や、仲の良い人などに「議論」をふっかけてしまいます。

「危険な行為をする」

「危険な行為」をしてしまいます。

たとえば、遅い車の後ろを走っていると退屈してしまい、無理にでも車を追い越してしまいます。

退屈の反対は、好奇心が強く、元気で明るいことです。

大人のADHDの人は、いつも新しいことや刺激的なことを探し求めています。

なぜなら何かに興味を持つと、ADHDの人の脳の実行機能にギアが入り、脳の働きがより活発になるからです。

「仕事」が退屈だったり、お決まりのものだった場合、モチベーションを維持するのはとても難しく、また悪い結果を引き起こす可能性があります。

たとえば、仕事中睡魔に襲われてしまいます。たとえ前日睡眠をよくとっても、仕事の途中で眠ってしまうのです。

また刺激のない環境では、気分が落ち込んでしまう人もいます。

「退屈」を避けるためにはどうしたらいい?

退屈を避けるためには、自分自身をよく知り、自分に合った退屈を避けるための方法を見つけましょう。

退屈を退治するための共通の方法はこちらです。

「新しいことをする、動き回る」

何か新しくていままでと違ったことに挑戦する、知らない人と一緒に過ごす、アドレナリンの出る活動を行う、リスクを冒した行動をする、問題を解決する、常に動き回る、実体験を繰り返すなどをするといいでしょう。

お気に入りの退屈を避ける方法を見つけたら、その方法を生活に取り入れましょう。そうすれば、毎日の生活は刺激的になります。

「前もって計画する」

退屈な時間ができないように、前もって計画をしておくのも大切です。

「タイマーを使用する」

タイマーを使用することも有効です。

どんなに退屈な仕事でも、タイマーをセットすることで締め切りの感覚が生まれ、締め切りまでにやらなければいけないという意識が生まれます。

「瞑想をする」

退屈を避けることにばかりエネルギーを費やしてしまうと、他にやらなければいけないことがおろそかになってしまいます。

もし退屈を感じたら、あれこれ動き回るのではなく、静かに座って「瞑想」を行うのも退屈を避けるための一つの方法です

参考記事:ADHD and Boredom

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ