ADHDの人とデートをする時に気をつけたい5つのこと

男性と女性が散歩をする様子

彼氏/彼女との最初のデートは、楽しく刺激的なことが多いですよね。

しかし、もしその彼氏/彼女が「ADHD」だったら、少し混乱するかもしれません。なぜなら、多くのADHDの人のデートでの行動は、一見あなたにまるで興味がないように見えるからです(本当は興味があったとしても)。

ADHDの人とのデートは、まるで矛盾するメッセージを受け取っているように感じられるかもしれません。一方では、ADHDの人はあなたが本当に好きです。しかし他方では、ADHDの人は普通のデートの手順に従わないので、あなたのことを好きではないように見えるのです。

そこで、ADHDの人とデートをする時に気をつけたい5つのことを紹介します。ちょっとした誤解でせっかくのデートが台無しになってしまったらもったいないですよね。

スポンサーリンク

1.矛盾する行動をとる

ADHDの人とデートをすると、彼/彼女は全身全霊でデートに臨んできます。それは驚きのものです。3、4時間くらい一緒にいるだけでも、とても濃密な時間が過ごせます。特別な感情が湧いてきて、お互いが強く結ばれていると感じられるのです。デートのおかげで、2人の関係はさらに良いものになったと自信を持てるでしょう。

しかしながら、そんな素晴らしいデートが終わりさよならした後、一週間経っても相手から連絡が来ないかもしれません。あなたはきっと混乱するでしょう!このような矛盾する行動は、普通のデートではあまりないからです。もしデートがうまくいったなら、たいてい1日か2日のうちに連絡が来るでしょう。一週間も待つことは普通ありません。

しかし、ADHDの人は社会規範が何であるかを必ずしもわかっているわけではありません。あなたと素晴らしい時間を過ごしたとしても、それからまた自分の生活に没頭するのです。そしてその没頭が終わったら、あなたに連絡をするのです。これはADHDの人に共通する行動で、あなたへの気持ち(好きではない)を表しているわけではありません。

2.デート中退屈しているように見える

多くのADHDの人は、話をしている間直接あなたの目を見ることが居心地悪く感じられます。

あなたとのデート中、相手は天井を見たり、窓の外を見たり、ほかの人を見たりするかもしれません。たいてい、このようなことをされると、退屈しているのかなとか、話に興味がないのかな、または単純に失礼だと考えてしまいます。

しかし、ADHDの人の行動は、必ずしもそのようなことを意味しているわけではありません。多くのADHDの人は、視線を一点に集中しておくのが居心地悪く感じられるのです。ですから遠くを見るのです。

3.「普通の」デートのエチケットに従わない

多くのADHDの人は、社会規範、または「普通の」デートのエチケットに従いません。もしあなたの最初のデートが、通常のデートの手順とは異なっている場合、不安を感じるでしょう。

しかし、ADHDの人には普通のルールが当てはまらないということに気が付いたら、寛容になれます。2人にとってうまくいくような独自のルールを作ればいいのです。もしあなたにとって何か重要なことがあったら、デートでそれを伝えるようにしましょう。

4.連絡をしない

もしデートの約束をしたのに連絡が来ない場合、それは必ずしもあなたを好きではない、または重要だと思っていない、というわけではありません。ADHDの人は単純に忘れてしまっている可能性があります。

ADHDの人にとって、記憶は大きな問題です。ある瞬間、ADHDの人が「その後連絡するね」と言ったとしたら、それは本当の気持ちで言っているのです(しかし忘れてしまう)。

5.計画をしない

誰かがあなたのことを好きな場合、典型的なデートの手順は、前もってデートの計画を立て、お互いの都合の良い時間を決めることです。しかし、ADHDの人とデートをする場合、急な仕事が入ったなどの理由で、デートの直前にドタキャンされるかもしれません。

そしてその代わりに、突然今からデートしないかと連絡が来ることがあります。これは、ある人にとっては絶対に許せないようなことでしょう。しかしまた別の人にとっては突然のサプライズだと感じられ、楽しめるのです。

参考記事:Tips for Dating Someone with ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ