不安な時、自分に優しくするための5つの方法

空

対人関係苦手な人は、「不安」を感じることが多いと思います。不安を感じた時は、どのようにすればいいのでしょうか?不安と徹底的に戦うことでしょうか?それとも、不安から逃げることでしょうか?

しかし、まず大切なのは、不安を感じている自分に優しくすることです。そこで5つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.「自分で自分を抱きしめる」

ある研究によると、安心感は次の三つから生まれるそうです。すなわち、「心地よい触れ合い」「穏やかな声」「身体のぬくもり」です。不安なときは体を使った安心感を得られる方法を探しましょう。

例えば、胸やお腹を片方または両方の手で触る、顔に手を当てる、自分で自分を抱きしめるなどです。そうすることで、安心と安全を感じられるのです。

2.「不安を感じているのは自分だけではない」

不安にさいなまれているとき、あなたは「こんなことで悩んでいるなんて恥ずかしい・・」と思うかもしれません。そして孤独を感じるでしょう。しかし不安は誰でも感じるものです。いつ何時でも、それが数十万人ではないにしても、数千の人は不安を感じているはずなのです。

孤独を感じたら「不安を感じているのは自分だけではない」と言い聞かせましょう。

3.「今現在に集中する」

不安は、たいてい未来を考えている時に生まれます。したがって、今現在のことに集中しましょう。そうすれば不安はたいて減ります。

例えば、お茶の入ったコップを持っているとしたら、コップの手触りの感覚に注意を向けるのです。またお茶を飲んだら、まずはお茶の味に集中し、次に飲み込んだお茶がお腹の中まで落ちていく様子を感じとるのです。

4.「考えるのをやめる」

「考えること」は不安を生み出す原因になります。あれこれ考えるのはやめて、自分の呼吸と身体に集中しましょう。そうすれば気分は落ち着きます。「考えること以上にもっと意味のあること」があるのです。

例えば「10秒間息を吸い込み、また10秒かけて息を吐く」などを試してみましょう。

5.「好奇心を持つ」

好奇心は、私たちを癒してくれます。最初にあなたの不安がどのようなものかを知りましょう。そして不安をどのように感じていますか?不安が生じやすいのはどんな時ですか?

不安を感じたら、不安に名前をつけて認識しましょう。次に自分自身にたずねます。「今現在経験している不安と呼ばれているものに、どのように関わりたいですか?」「思いやりと優しさで不安に向かっていけますか?まるで泣いている子供をあやすように?」

また別の方法は、不安をわきに置いてリラックスの練習をする方法です。

もし不安がまた絶えず戻ってきてわきに置いておくことができなくなったら、思い切ってようこそと不安をひざの上に置いて確かめましょう。不安は何を望んでいるのか、何を必要としているのかを聞いてみるのです。できるだけ優しくです。

不安が教えてくれるのは、休みや、もっとペースを落とすこと、自分の境界をはっきりさせること、セラピストとの会話などかもしれません。

また、不安を取り除こうと一生懸命になってはいけません。それは単純に不可能なのです。代わりに、不安と戦っている時には自分に優しくする練習をしましょう。そして練習を続けることで前に進むことができます。また自己への思いやりは気分を良くします。

自己への思いやりは、「時々不安になる自分を受け入れる」ことを意味します。人間は必ず不安を感じる生き物なのです。不安はあなたが「人間」だと感じさせてくれます。したがって、不安に出会い対応する方法をみつけることが大切です。

参考記事:4 Ways to Be Kind to Yourself When You’re Anxious

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ