大人のADHDが就いてはいけない10の仕事

大人のADHDが就いてはいけない10の仕事を紹介します。

ただし同じADHDの人でも、どんな仕事が向いているのか、適性は異なります。人によっては、この中で向いている仕事がある人もいるかもしれません。

自分の適性と照らし合わせて読むのをおすすめします。

以下の記事を参考記事にしました。

Senseless deadlines. Mindless filing. Persistent distractions. And other hallmarks of terrible, awful jobs to avoid if you've got a creative ADHD mind.
スポンサーリンク

1.「弁護士/法律事務員」

job_bengoshi_man

テレビドラマなどで見る弁護士や法律事務所の仕事は、なんだかとてもカッコいいイメージがありませんか?

しかし現実は必ずしもそうではありません。弁護士の仕事の多くは、大量の退屈な書類を一つ一つ分析するという地味で根気の要る作業です。

「遺言」や「契約書」を書いたり、裁判の証拠を準備したりという仕事は、細かい部分も見逃さない注意力と、誰もが認めるような信頼性が要求されます。

大人のADHDの人は注意力が不足しがちでです。そのため細かい部分まで目が行き届かず、ミスをしてしまう可能性があります。

そして法律を扱う仕事の場合、それは大変大きな問題になってしまうのです。

2.「秘書」

job_hisyo_kochira

「できる秘書」というのは、上司が言わなくても上司が必要としていることをあらかじめ予想できる人です。

上司の出張がスムーズに進むよう、ベストのスケジュール調整をします。1分でも時間を無駄にしないように、上手にやりくりするのです。

しかしそのような仕事の大変さにもかかわらず、秘書の仕事はそれに見合った報酬を得られることはまれなのです。

仕事をまとめたり、時間をやりくりする高度なスキルや、報われない仕事は、大人のADHDの人にとっては困難です。大人のADHDの人は、時間調整や、計画を最後まで終わらせるのが苦手なのです。

3.「イベントプランナー」

ウエディングプランナーなどに代表される「イベントのプランナー」の人は、分刻みでスケジュールを調整し、時間通りに進むよう常に複数のことを同時進行で考えなければなりません。そして多忙にもかかわらず常に笑顔が必要なのです。

時間に遅れたり、物事を先延ばしにしてしまうような人にとっては、向いていない仕事といえるでしょう。

そしてADHDの人の特徴は、時間に遅れたり先延ばしにしてしまうことが多いことなのです。

4.「会計士」

money_choubo

会計士の仕事は尊敬される重要な仕事です。

ただし会計士の仕事、例えば「税金の計算をして時間通りにそれを提出する」ということは、ADHDや学習障害のある人にとっては、全くの地獄のような作業なのです。

*「アスペルガー症候群」の人に向いている仕事の中には「会計士」が入っています。

5.「図書館司書」

tosyokan_shisyo_man

図書館司書の人は、「無言」のまま、そしてしばしば「指示する人もいない」状態で、デューイ十進分類法(図書分類法)に従い、図書を管理します。

これは、刺激が多く必要であり、社交的でおしゃべりなADHDの人には全く向いていない仕事です。

加えて、ADHDの人の20%~60%は、学習障害または言語に関した問題を抱えています。学習障害のあるADHDの人は、本をアルファベット順に並べたりすることが困難なのです。

6.「カスタマーサービス/オペレーター」

job_telephone_operator

毎日電話で質問に答えるカスタマーサービス/オペレーターの仕事は、非常に退屈です。

加えて、理不尽な対応をするお客に対しても、常に冷静に対応する必要があります。

この2つの仕事は、大人のADHDの人にとっては危険な組み合わせです。

ADHDの特長の一つは、「衝動性」です。

ADHDの人は、理不尽なクレームを言うお客さんに対して、「衝動的」に対応してしまう可能性があるのです。

一日中不平不満を処理するという仕事は、そのADHDの人の衝動的な特徴を引き起こしやすいのです。

7.「トラックドライバー」

job_truck_untensyu

長時間一人きりで運転する仕事は大人のADHDの人にとっては危険です。

ADHDの人は「不注意運転」「スピードの出しすぎ」「標識や信号の見落とし」などをしてしまう可能性があるのです。

「音楽」や「携帯電話の使用」を制限することで、安全運転を可能にすることはできます。しかし一番安全なのは運転をする仕事をしないことです。

*ただしトラックドライバーはADHDの人に向いていると指摘する人もいます。これは個人差になるのかもしれません。

参考サイト:大人のADHDに向いている仕事10選

8. 「運用管理者(オペレーションマネージャー)」

「運用管理者」の仕事は高い給与も期待できる大きな仕事です。

しかし大人のADHDにとっては向いていない仕事です。

典型的な運用管理の仕事は、「日々の企業の運営」を管理することです。

人を雇うこと、契約交渉、予算の問題を対処すること、全体的な事業のオペレーションを理解すること、そしてプロジェクトを通してチームに指示します。

この仕事は多くのマルチタスクを効率的に進める必要があります。

またストレスの多い環境でも冷静さを保たなければなりません。

これらの役割はADHDの人にとって苦痛になります。

先頭に立って計画を立てること、全く関連のない物事にも優先順位をつけるといった仕事は、ADHDの人を無力化してしまうのです。

9.「工場のライン」

koujou_man

工場のラインの仕事は、反復する作業と、細部への注意力が必要とされます。

そしてこの2つの作業は、退屈な仕事が苦手で集中力に問題がある大人のADHDにとっては最悪の組み合わせなのです。

代わりに心を新鮮にしてくれ、注意力を研ぎ澄まさせてくれるような、毎日多様な作業がある仕事を探したほうが良いでしょう。

10. 「セラピスト/カウンセラー」

counselor

ADHDの人は非常に共感的です。

人を助けたり、人と前向きな関係を結ぶことの価値を理解しています。

一見したところ、ADHDの人はセラピストやカウンセラーに向いているように思えます。

しかし大人のADHDの人は、時々、不必要に人間関係でトラブルを起こしてしまう場合があります。

ADHDの人は脳を刺激してドーパミンを出すためにけんかや騒ぎを起こすのです。(ADHDの人の脳はドーパミンが少ないと言われています。)

これは困っている人の相談を受ける「セラピスト」や「カウンセラー」という仕事には問題が多いでしょう。

したがって「セラピスト」や「カウンセラー」という仕事は、ADHDの人には向いていないのです。

次の記事もお勧めです。

大人のADHDに向いている仕事15選
大人の発達障害者に向いている仕事は何?

また、大人の発達障害の人に合った仕事を探すのに「求人・転職サービス」も役に立つかもしれません。

【ハタラクティブ】」と「【第二新卒ナビ】」は、主にフリーターや、既卒者第二新卒の人を対象とした転職サービスです。

障がい者枠で仕事を探す場合は、「キャリアアップしたい障がい者の方へ登録無料!アイエスエフネットジョイ」などが「障がい者」の求人や転職をサポートしてくれます。

長期のアルバイトを探す場合は「バイト探しはシフトワークス」などがおすすめです。また短期のアルバイトを探す場合は「1日から働ける激短バイト!ショットワークス」がおすすめです。一日だけなどの超短期アルバイトなども豊富に掲載されています。

参考サイト:10 Terrible Jobs If You’ve Got ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ